• 2016年11月29日
  • 2019年12月12日

はじめに/ 自己紹介

マニアの妻として生きてきました。 
親兄弟からは不憫そうな目で見られる。
まともな暮らしじゃないとけなされる。
旅行には必ずレア物探しがついてくる。
カードをはがしたポテトチップスを何ヶ月間も食べ続ける。
振り返れば確かに日常生活としては、ほぼマイナ […]

  • 2020年1月23日
  • 2020年10月27日

堤哲哉プロフィール / キャラクターノート

1960年東京生まれの埼玉育ち。 仮面ライダーカードの第一人者であるとともに、駄菓子屋カードなど紙モノ全般に造詣が深く、その方面の蒐集・研究においても精力的に活動。 『駄菓子屋グッズ大図鑑DX パチ怪獣ブロマイドからガチャガチャまで』(2006 扶桑 […]

  • 2020年1月24日
  • 2020年10月26日

セイカ、ショウワ、極東・・・キャラクターノートの世界/ 堤哲哉 1

                        *  堤哲哉さんがノートを買っているという話はここ数年聞いていた。  堤さんは仮面ライダーカードの第一人者である。1970年代初頭全国のちびっこたちを熱狂させたカルビー仮面ライダーカードを体系化し、その […]

  • 2020年1月27日
  • 2020年10月26日

セイカ、ショウワ、極東・・・キャラクターノートの世界 / 堤哲哉 2

                    ***  堤さんはさまざまなノートを取り出した。これらはどれもA5判。  「ゼロ戦太郎」  辻なおきの戦記漫画の極東ノート。「キングパワー」という商品名が加刷されているが、商品名なしの一般販売の品もある。このノ […]

  • 2020年1月27日
  • 2020年10月26日

セイカ、ショウワ、極東・・・キャラクターノートの世界/ 堤哲哉 3

    1966年、「ウルトラQ」「ウルトラマン」が放映され、第一次怪獣ブームが始まった。怪獣というキャライズムの到来に乗りキャラノートも最盛期を迎えていったと堤さんは語る。極東ノートは「ウルトラQ」を、昭和ノートは早めに「ウルトラマン」に手をつけた […]

  • 2020年1月27日
  • 2020年10月26日

セイカ、ショウワ、極東・・・キャラクターノートの世界/ 堤哲哉 4

 堤さんは語る。テレビ番組はどれが当たるかわからない。ノート会社はとりあえずどのノートでも出してみた。だがその膨大な山の中、観測の定点となる作品が二つある。……「鉄腕アトム」と「鉄人28号」。      「鉄腕アトム」は1952年4月~19 […]

  • 2020年1月27日
  • 2020年10月26日

セイカ、ショウワ、極東・・・キャラクターノートの世界/ 堤哲哉 5

 ノートはむずかしい。それはまず絵というものをめぐるむずかしさである。  先述したが1963年、手塚治虫は虫プロを設立し、国産キャラクタービジネスを本格的に始動させた。漫画とアニメは連動し、作家たちは個人でなく活動していた。キャラの絵にはその歴史が刻 […]

  • 2020年1月24日
  • 2020年10月26日

セイカ、ショウワ、極東・・・キャラクターノートの世界/ 堤哲哉 6

 堤さんが店をやっているとき、或るおじいさんがのらくろのノートを売りに来た。  「のらくろ」は1931(昭和6)年1月号~1941(昭和16)年10月号まで『少年倶楽部』に連載された田河水泡の人気漫画である。黒い野良犬のらくろの軍隊生活とその後を描き […]

  • 2019年4月7日
  • 2020年10月19日

おもちゃコレクターの遍歴~超合金からノベルティグッズまで/ Mr.H(1)

(1) 話を聞かせてほしいと頼むとHさんは「このブログは名前を出すからなあ」とぶつぶつ言った。 「いや、匿名で十分です」とわたしは言った。 「今までも匿名のかたはいらっしゃるし」 そうやって了解をもらったが、エピソードを書いたら知り合いにはHさんのこ […]

  • 2019年4月13日
  • 2020年10月19日

おもちゃコレクターの遍歴~超合金からノベルティグッズまで/ Mr.H(2)

(6)  掘り出し物をいっぱい持ってくる青年がいる。そういって顔なじみの店主がHさんを他のコレクターに紹介するようになった。そこからまたモノを入手するルートが拡大した。ヒーローズにブリキのおもちゃを持って行き、それと交換でマルサンの電動怪獣ペギラを入 […]

  • 2019年4月25日
  • 2020年10月19日

おもちゃコレクターの遍歴~超合金からノベルティグッズまで/ Mr.H(3)

(11) 2004年、雑誌『フィギュア王』65号は食玩特集だった。Hさんはこれを購入してなめるように見た。食玩やおまけの世界はHさんにとって既に大きな問題だった。 Hさんは企業もの・お菓子のおまけの本をたくさん持っている。 『別冊太陽 子どもの昭和史 […]

  • 2018年9月8日
  • 2020年10月27日

星まこと  プロフィール / アニメ探究

1964年福岡県生まれ。 マンガ・アニメ探究者。 幼少期より本やマンガ、アニメに親しむ。1977年『宇宙戦艦ヤマト』の劇場公開前後から起きた「アニメブーム」の洗礼を浴び、よりアニメに耽溺するようになる。その後、雑誌や書籍など出版物の編集を経て、会社勤 […]

  • 2018年9月9日
  • 2020年10月27日

伝説のアニメ職人たちとともに / 星まこと 1

1 「何が好き?って、アニメが好き。 作品? ありすぎて答えられないでしょう。 タツノコの劇画調も好きだし、東映のロボットものも好きだし、ギャグ調も大好きだし、スポーツアニメも好きだし、好みはわかんないですね。 東映の『白蛇伝』、ぼくはあの時代に生き […]

  • 2018年9月14日
  • 2020年10月27日

伝説のアニメ職人たちとともに /星まこと 2

6 「あのインタビュー連載で特徴的なのは、けっこう背景画家のところへ行くってことだと思います。みんなアニメといったらキャラクターに行くけど、実は背景ってものすごく大事で、要するに画面を見たとき、もうその7割8割は背景なんですよ。その背景をどういう感じ […]

  • 2018年9月17日
  • 2020年10月27日

伝説のアニメ職人たちとともに /星まこと 3

9 「インタビューは断ると言う方も、けっこういらっしゃいますよ。 鳥海永行さんには手紙を書いたんです。便せんで五、六枚。鳥海さんの小説を、この作品はこうこうだ、と書いて、それで取材したいってお願いした。 実は『ガッチャマン』の最終話だけはシナリオがな […]

  • 2018年9月20日
  • 2020年10月27日

伝説のアニメ職人たちとともに /星まこと 4

12 「あの当時の子供はみんな思ってましたよね。『妖怪人間ベム』や『黄金バット』の、なんともえたいのしれないあの雰囲気は何なんだろうって。 そう、たとえば『ゲゲゲの鬼太郎』は妖怪モノだけど明るい。でも『ベム』や『黄金バット』は、無国籍感がさらに凝縮さ […]

  • 2018年9月22日
  • 2020年10月27日

伝説のアニメ職人たちとともに /星まこと 5

14 「これ、石黒昇さんが描かれたソノラマ文庫『キャプテン・シャーク』シリーズの表紙ボツ原画です。実はこんな絵も描ける、本当にすごい人だったんですよ」 「石黒さんは、あのつげ義春さんたちと一緒にマンガを描いていたんです。そういうのを捨ててアニメに行っ […]

  • 2018年5月13日
  • 2020年10月27日

たかはしちこ(アップルBOXクリエート) プロフィール/漫画復刻・同人誌

1949年、岩手県二戸市に生まれ、高校時代まで岩手で過ごす。 大東文化大学卒業後、新橋にあったニューデザインセンター入社。主にテレビの絵コンテを担当する。大学時代知り合った藤田耕司の誘いにより、1971年、同人誌『奇人クラブ』に参加。 作品に、「ミー […]

  • 2018年5月14日
  • 2020年10月19日

漫画復刻の王国 アップルBOXクリエート/たかはしちこ(1)

* 新小岩駅近く、蔵前通りに面したマンションの一階に古書店がある。 ガラス戸に金色の優しげな字で誓和堂と書かれたその店は一見古書店と気づかず通り過ぎてしまいそうなたたずまいだが、中に入れば貴重な漫画本が溢れ返る、その道で知られたヴィンテージ漫画専門店 […]

  • 2018年5月18日
  • 2020年10月19日

漫画復刻の王国 アップルBOXクリエート/ たかはしちこ(2)

作家や遺族から喜んでもらった時もある。 うしおそうじ「どんぐり天狗」は、かつて作家に許可を求めて返事を保留されていたが、ファンの会社の出版トラブルの余波を受け、話が頓挫してしまった。十数年経って作家の死後、偶然うしお氏の息子さん、作曲家の鷺巣詩郎氏と […]

  • 2018年5月22日
  • 2020年10月19日

漫画復刻の王国 アップルBOXクリエート/ たかはしちこ(3)

  ひとりの同人誌作家だった高橋さんの転機は、オフセット印刷の到来とともにやってきた。 同人誌の形態は、初期の肉筆回覧誌からコピー本へ、そして印刷所に発注するオフセット印刷本に変化した。自分たちの同人誌が手製のコピー本ではなくオフセット印刷 […]

  • 2018年5月25日
  • 2020年10月19日

漫画復刻の王国 アップルBOXクリエート/ たかはしちこ(4)

************ 今まで復刻した中で特にこれはというものを教えてください。 わたしがそういうと、高橋さんが出してきたのは厚みのある二冊だった。 春名誠一原作・東浦美津夫「どこに青い鳥」上下巻 (『少女クラブ』1958(昭和33)年5月号~19 […]

  • 2018年5月28日
  • 2020年10月19日

漫画復刻の王国 アップルBOXクリエート/ たかはしちこ(5)

高橋さんは今年69歳になる。 「六十代になったとき、これからは何があるかわからない年齢に突入したなと思いました」 体が動かなくなるかもしれない。自分がいつまでこれを出し続ける気力がもてるか、と考える。 だが、出せそうだと考えてすでに資料を集め終わって […]

  • 2018年2月23日
  • 2020年10月27日

ももクロサイン入り生写真コレクション / 池田誠 1 

ももクロは2008年結成された女性アイドルグループである。 2010年メジャーデビュー。 当初は「ももいろクローバー」という名前だったが、メンバー・早見あかりの脱退を機に「ももいろクローバーZ」と改名した。 以後、紅白歌合戦出場や国立競技場のライブ、 […]

  • 2018年2月27日
  • 2020年10月27日

ももクロサイン入り生写真コレクション/ 池田誠 2

5 2009年7月26日 高城れに、百田夏菜子、玉井詩織、早見あかり、佐々木彩夏、有安杏果 (有安加入) ももクロが伝説のヤマダ電機ツアーをおこなって、インディーズデビュー曲「ももいろパンチ」のCDを手売りしていた時期にあたる。 <家紋入りシリーズ( […]

  • 2017年12月9日
  • 2020年10月27日

横山光輝作品と生きる ~伊賀の影丸から始まった道/ 今入重一 1  

2017年10月中旬、雨の降る土曜日、埼玉・戸田公園で、今入重一さん主催による横山光輝ファンの集まりが催された。 今回のテーマは「伊賀の影丸」。 会場に入ると、正面のスライドではすでに影丸の人形劇の映像が流れ、壁側には影丸関連の貴重な今入コレクション […]

  • 2017年12月14日
  • 2020年10月27日

横山光輝作品と生きる ~伊賀の影丸から始まった道/今入重一 2

あとになって今入さんは、子供時代の自分が何の気なしにノートに描いていた影丸のスケッチを発見してびっくりした。 自分は第6部から読み始めたのに、その自分が「かげまる」と記して、見たことないはずの第4部の絵を描いていた。総集編の写しではなく、話の前後を知 […]

  • 2017年12月17日
  • 2020年10月27日

横山光輝作品と生きる ~伊賀の影丸から始まった道/今入重一 3

********* 今入さんは『漫画の手帖』というミニコミ誌を情報源に、喇嘛舎、憂都離夜、中野書店といった古本マンガを扱う店にかようようになっていた。 二十代後半、この『漫画の手帖』を介して、その後の今入さんの運命を動かす大きな出来事が起きる。江口健 […]

  • 2017年12月20日
  • 2020年10月27日

横山光輝作品と生きる ~伊賀の影丸から始まった道/今入重一 4

************ 1986年、江口さんや堀井さんと一緒に、今入さんは横山光輝クラブを立ち上げ、同人誌『オックス』の発行を始めた。 江口さんのリストは、1981年、川崎健夫さんとの共同作業による『横山光輝初期作品集』別冊解説として発表された。 […]

  • 2017年9月4日
  • 2020年10月27日

CCPフィギュア リアル造形の格闘 / 延藤直紀 1

* CCPがウルトラマンパワードを発売した。エクスプラス/少年リックはパワードのリアルマスターコレクションを再版した。バンダイのアルティメットルミナスプレミアムは、ウルトラマン弐で青目のウルトラマンジードプリミティブを発売した。 さまざまな時代にさま […]

  • 2017年9月7日
  • 2020年10月27日

CCPフィギュア リアル造形の格闘 / 延藤直紀 2

***** 「自分はアーティストじゃない」と延藤さんは言う。 「仕事というのは現実のことで、それで食べられるかどうかが問題だ。現物を作っても売れなければ話にならない。商売にならなければ次が作れない。原型師、彩色師、いろんな作家に仕事をまわすこともでき […]

  • 2017年9月12日
  • 2020年10月27日

CCPフィギュア リアル造形の格闘 / 延藤直紀 3

********** CCPがこの7年間続けているプロジェクトに、CMCというシリーズがある。「CCP・マスキュラー・コレクション」の略で、「もし超人が実在したら?」というコンセプトのキン肉マンフィギュアシリーズだ。 「明日からゆでたまご先生と東南ア […]

  • 2017年6月29日
  • 2020年10月27日

佐々木大(仮名)プロフィール/プロ野球選手サイン

読売巨人軍選手を中心に、日本プロ野球選手(OB含む)のサインを蒐集する。姓名・年齢・職業、すべて非公開。 サイン獲りの具体的な方法にふれる部分は本人の意志によりすべて削除、修正。理由はもちろん今後の活動に差し支えるため。ともあれ蒐集物に語らせるのみ。 […]

  • 2017年6月30日
  • 2020年10月26日

プロ野球選手のサインをもらう僕の方法と理由/佐々木大(仮名)1

1 金田正一は1950年、国鉄スワローズに入団し、20年間の現役投手時代に日本プロ野球史上最多の400勝をあげた。登板回数944、完投365、投球回数5526,2、奪三振4490。 前人未踏の記録はこの先も破られることはない。 所属した国鉄、巨人2球 […]

  • 2017年7月3日
  • 2020年10月26日

プロ野球選手のサインをもらう僕の方法と理由/佐々木大(仮名)2

6 ここで少し個人的な話をしよう。 わたしは佐々木さんと東京ドームの前売り所で知り合った。 我が家は長年巨人ファンで、ずっと巨人戦にかよっていた。 佐々木さんがサイン獲りを始め、本格的に巨人にハマっていった2000年過ぎあたり、現場の状況は激動だった […]

  • 2017年7月8日
  • 2020年10月26日

プロ野球選手のサインをもらう僕の方法と理由/佐々木大(仮名)3

10 よく目の前に選手を見て、サインくださいのひとことが言えない。頭が真っ白になって、何も言えない、という話を聞く。 ・・・佐々木さんはそんなことはないですか? 「ないですねえ」と佐々木さんはあっさり言う。 子供時代からの野球ファンじゃないからだと言 […]

  • 2017年7月11日
  • 2020年10月26日

プロ野球選手のサインをもらう僕の方法と理由/佐々木大(仮名)4

野球カードは、ベースボールマガジン社のものが一般的だが、ほかにキャンプで選手だけが持ってる配布用カードや、イベントで5人に当たる特別のものがあったりする。 サイン獲りはそのカードを揃えるところからスタートする。 質にこだわる佐々木さんは、雨の日だとカ […]

  • 2017年5月16日
  • 2020年10月27日

Mr.AEプロフィール /HotWheels 

196X年生まれの”おもちゃプレイヤー” 幼少期、ミニカーとの運命的な出会いによっておもちゃに目覚め、青少年期、タ カラのSF玩具でおもちゃコレクターとして開花。以後、自らのおもちゃ道を邁進 する。一時はフィギュア暗黒面に染まるも、ドール愛の理力の導 […]

  • 2017年5月16日
  • 2020年10月27日

ホットホイールの魅力 ~世界一はやいミニカー/ Mr.AE 1 

トランプ大統領が誕生し、日米自動車論議がかまびすしい。 日本がアメリカに車を売りつけるばかりで買わない、それは不公平ではないか、という件だ。 もちろん日本人としては異論がある。だがそれが、アメリカのごく一般の人たちの間でずっと醸成されてきた長い憤懣だ […]

  • 2017年5月28日
  • 2020年10月27日

ホットホイールの魅力 ~ 世界一はやいミニカー/ Mr.AE 4

  ************ 当時のホットホイールの特別な色合い、スペクトラフレーム(キャンディーペイント)。 「パールがかったホットピンク、これが特に特別な色。青も少し入ってて紫っぽいでしょう。これがねえ、いいんですよ」 前述のように、キ […]

  • 2017年3月13日
  • 2020年10月27日

田中康隆 (キンキーズ)プロフィール /カルビーカード

1964年、大阪生まれ。子供時代、特撮・野球関連のカードやブロマイド収集に熱中する。青年期はビートルズにハマり、レコード店勤務を経て、2000年、大阪府寝屋川市にキンキーズを開店。中古レコードの他、主に1970年代のカード・ブロマイドなどいわゆる紙モ […]

  • 2017年3月14日
  • 2020年10月26日

カルビーカードコレクターの世界 ~ 聖地キンキーズ/ 田中康隆 1

1 大阪のベッドタウン、寝屋川市。 キンキーズは、この寝屋川市駅から歩いて5分ほどの小さなビルの二階にある。 薄暗い階段の両側には、古いレコードのジャケットや特撮のカラーコピーがぎっしり貼られている。 店内に入ると中は横長で意外なほど広い。手前のコー […]

  • 2017年3月19日
  • 2020年10月26日

カルビーカードコレクターの世界 ~ 聖地キンキーズ/ 田中康隆 2

6 そこへちょうどお客さんがふたり来店した。年かさの男性と少し若い男性と、どちらも相当な常連さんらしく、もの慣れていて風格があった。 「まんだらけさんでバイトしてはる」と田中さんがわたしを紹介すると、常連さんのひとりが言った。 「今までまんだらけはお […]

  • 2017年3月24日
  • 2020年10月26日

カルビーカードコレクターの世界 ~ 聖地キンキーズ/ 田中康隆 3

*********** 田中さんは笑顔で言う。 「こちらがあまり調べてしまうとお客さんに逆にしらけられますので。場を提供しているって感じですねえ」 キンキーズは、すべてに伴走してきた。 オーソドックスな番号違いにも、ラッキーカードにも、記号版にも、そ […]

  • 2017年2月3日
  • 2020年10月27日

池田誠 プロフィール /少年月刊誌『冒険王』

1961年静岡県生まれ。 小学生時代、雑誌「冒険王」、仮面ライダーカード、裏のみかん山での仮面ライダーごっこに熱中する。 大学、大学院で国文学を専攻。現在、複数の予備校で国語科講師として教鞭をとるかたわら、特撮ものの研究およびライター業をいとなむ。 […]

  • 2017年2月8日
  • 2020年10月27日

『冒険王』 (少年月刊誌)をひたすら語る /池田誠 2

5 「それではこの号の巻頭から見てみましょう」 そう言って池田さんは別冊『冒険王』72年秋季号を大事そうにひらいた。 ①デビルマン絵はがき ②口絵ポスター おもてにサンダーマスク、裏に「映画怪獣大行進」(ゴジラ、ガメラ、ギララなど) ③テレビ怪人カラ […]

  • 2017年2月13日
  • 2020年10月27日

『冒険王』 (少年月刊誌)をひたすら語る /池田誠 3

8 そもそも『冒険王』は、「イガグリくん」「ゼロ戦レッド」というような、オリジナル漫画に定評ある少年雑誌だったのだそうだ。 おそらくそれゆえにこそ、かつて彼らは一度、時代の波に乗り遅れた。 池田さんは語る。 「1960年代後半、テレビにおける第一次特 […]

  • 2017年2月14日
  • 2020年10月27日

『冒険王』 (少年月刊誌)をひたすら語る /池田誠 4

11 「とにかくこの号には、無駄なページがひとつもないのです」 池田さんは熱弁をふるった。 「まず全体を見渡して「特写」というものが見あたらない。「特写」とは、制作側が宣伝のため撮影会にカメラマンを呼んで撮らせた写真のことで、『テレビマガジン』などは […]

  • 2016年12月31日
  • 2020年10月27日

高橋さって プロフィール / 聖闘士聖衣体系  

1966年7月17日(ウルトラマン第1話放映日)、埼玉県生まれ。 古物商、ライター。 幼少期から漫画、アニメ、特撮の世界に親しむ。 大学在学中、古本屋でアルバイトを始めて本格的にこの世界にのめりこみ、以後、もと東映プロデューサー・平山亨氏率いる平山組 […]

  • 2016年12月31日
  • 2020年10月18日

聖闘士聖衣の魅力を語る……おもちゃを売るということ/高橋さって(1)

  フィギュア「聖闘士聖衣大系(セイントクロスシリーズ)」は1986年バンダイから発売され、87年度男子玩具最大のヒット商品となった。(ウィキペディア・・・『フィギュア王』95号より) 今年2016年は、漫画『聖闘士星矢』の連載開始からちょ […]

  • 2017年1月6日
  • 2020年10月18日

聖闘士聖衣の魅力を語る……おもちゃを売るということ/高橋さって(2)

****** 当時、白夜書房の田村さんという名物編集長のもとで、えむぱい屋は『フィギュア帝国』『フィギュア帝国2』『まんが帝国』『ビンテージジャパン』と次々に本づくりに参画していた。 『フィギュア帝国』は、雑誌『フィギュア王』や『ハイパーホビー』が新 […]

  • 2017年1月11日
  • 2020年10月18日

聖闘士聖衣の魅力を語る……おもちゃを売るということ/高橋さって(3)

**********   セイントクロスシリーズは全世界的に売り出されている。無版権のぱっちもんも出た。   (スペイン語版) (セイントファイター?)   陽の当たる玩具史であれぱっちな裏街道であれ、ともかくもセイント […]

  • 2016年11月29日
  • 2020年10月18日

堤哲哉 プロフィール / 仮面ライダーカード 

1960年東京生まれの埼玉育ち 東京デザイナー学院卒業。特撮研究家、ライター。 敬愛する東映プロデューサー・平山亨氏製作の「仮面ライダー」など、主に昭和の特撮、アニメ作品関連の記事を執筆する。えむぱい屋代表。 小学生時代に仮面ライダーカードの収集に熱 […]

  • 2016年11月30日
  • 2020年10月26日

仮面ライダーカード という価値をつくる 14局46番 / 堤哲哉 1

1 2016年9月 久しぶりに会った堤さんはずいぶん痩せていた。入院、手術の話は聞いていたが、大病から生還した人という様子を漂わせている。 三連休の中日で人出はすごい。しかも雨天。雨が降ると手術痕がひっつれるような感じがするらしく、堤さんは始終胸元を […]

  • 2016年12月1日
  • 2020年10月26日

仮面ライダーカード という価値をつくる 14局46番 / 堤哲哉 2

5 堤さんはテレビを通して全国に呼びかけた。 「仮面ライダーカード、14局46番を探しています。持ってきてくださったら10万円で買います」 カード1枚に10万円。 それは当時およそ信じられない法外な値段だった。 堤さんは語る。カードやブロマイド、いわ […]

  • 2016年12月5日
  • 2020年10月26日

仮面ライダーカード という価値をつくる 14局46番 / 堤哲哉 3

9 堤さんは言う。 「ぼくは子供のとき、ライダーカード1~546を通すのにあと2枚というところまで漕ぎつけていたんですよ。ただ508と545を持ってなかった」 「専門学校に通っていたとき、やっぱり仮面ライダーカード好きの奴がいて、かれがアルバムに54 […]

  • 2016年12月13日
  • 2020年10月26日

仮面ライダーカード という価値をつくる 14局46番 / 堤哲哉 4

12 堤さんは語る。   「41番はライダーの正面向いた上半身の写真で、すごくカッコいいでしょう。これはカルビーに送ってアルバムと交換するより、手元に残しておきたいと思う子が結構いたんじゃないか。だから少ないながらも残っている。 でも46番 […]

  • 2016年12月15日
  • 2020年10月26日

仮面ライダーカード という価値をつくる   エラーカード / 堤哲哉 5

15 現在、わたしの亭主の持ち歩き用ファイルには、14局46番の偽カードが入っているらしい。おもても裏もカラーコピー。それを実際のライダーカードの両面を剥がした厚紙と貼り合わせてつくった、いかがわしさ満点の代物である。 「オリジナルカードと呼んでね」 […]

  • 2019年12月14日
  • 2020年1月8日

怪人アリガバリ

仮面ライダーカード「怪人アリガバリ」 アリガバリの右下にご注目     腕の下に誰かいる。(カードはキンキーズ提供・西京産)     「ライダーが逃げてる?」(堤さん)     3人いる! […]

  • 2020年1月5日
  • 2020年1月8日

全力大奉仕ドンキの2020福袋~!(2020年1月4日)

いっぱい並んだ福袋には、ちびっこの夢が詰まっているのだ! 「ドンキの驚売り」仮面ライダー6点セット!蓮田店     ここたまで一気に攻める川口店~ 89%オフ!! もはや原形をとどめぬ崩れっぷり、91%オフフフ~!! 「圧倒」の2 […]

  • 2020年1月6日
  • 2020年1月8日

池袋・まんだらけ那由多に行ってきた!(2020年1月5日)

  「アート・カルチャーのまち」をめざして、どんどんリニューアルが進む池袋 まんだらけがおもちゃの店を出したというので行ってきました。名前は「那由多(なゆた)」 池袋駅から東口に出て左へ。普通のパルコの前を通り過ぎ、いざピーダッシュパルコ。 […]

  • 2020年1月7日
  • 2020年1月8日

舘林ぐるぐる大帝国探訪!

  イオンで品切れ続出のHotWheels福袋、古物屋版は量で勝負?   釣り具ガチャコーナーには懐かしの三平くん発見 こんなものが雑貨ワゴンに~   そして、さらばザらス!鎌ケ谷トイザらス最終日風景 すっからかんです […]

  • 2020年1月8日
  • 2020年1月8日

みかも不動尊御朱印~(2020年1月7日)

新年明けて、根強い御朱印人気。   こちらは部員が昨年確保の1枚   栃木県・みかも不動尊の御朱印     ビックリマンか?       ツイッター みかも不動尊 寺務長 @mik […]

  • 2020年1月9日
  • 2020年1月11日

何世代いる?

    仮面ライダー5世代並ぶ。 ゼロワン、ジオウ、ビルド、エグゼイド、ゴースト。          

  • 2020年1月11日
  • 2020年1月11日

パワーアップ3連(2020年1月10日)

年始シーズン明けてますます動きます。 パワーアップのドンキ蓮田店       こちらは先日の部員の夜食。板倉東洋大近くの某店頭。 この時間でこんなに残っているのは、有難くも考えられさせるものが。     […]

  • 2020年1月12日
  • 2020年1月12日

ゴルゴサーディン(2020年1月11日)

先夜の部員夜食追加。   ひと頃ちまたを騒がせた驚異のコラボ商品をドンキでお得買い。       かつて胃薬、養命酒ともコラボしたゴルゴ13、部員も青魚で血液サラサラだ!       […]

  • 2020年1月18日
  • 2020年1月18日

ふるさと祭りでジワる観音(2020年1月18日)

例年この時期、東京ドームで開催されるふるさと祭り 全国からご当地名産品が集まる博覧会 今年も大盛況!     第3新東京市も出店。レイとアスカがポップコーン売ってます。   その向かいに群馬・たかさき食堂。奥に見えるのは […]

  • 2020年1月18日
  • 2020年1月18日

堤哲哉『日本懐かし特撮ヒーロー大全』(TATSUMI MOOK)

発売後早くも重刷が決まった堤哲哉『日本懐かし特撮ヒーロー大全』(タツミムック) ライトユーザー向けと思いきや、ライトなのは重さだけ。 中身は気合の入った特撮史事典だった。 特撮黎明期、怪獣ブーム~妖怪ブーム、第二次怪獣ブーム、変身ヒーローブーム… 年 […]

  • 2020年1月19日

ミスタードラゴンズ逝く

2代目ミスタードラゴンズ逝く 地元名古屋・桔梗屋の一品 裏面記載 「高木守道 中日ドラゴンズ 二塁手 右投右打 一番打者の高木選手が抜けた穴はあまりにも大きい。チームのリーダーであり、二塁の守備にかけてはピカ一。内野守備の要としての存在価値は、はかり […]

  • 2020年1月21日
  • 2020年1月21日

レッドジャックアーマー(2020年1月21日)

ミドルサイズの「機甲警察メタルジャック」主人公・レッドジャックアーマー。 製作が遅れているうちに主人公がハイパーレッドジャックにパワーアップしてしまったため御蔵入りに。 デキはかなり良し。  

  • 2020年1月27日
  • 2020年1月28日

ドンキ探訪シリーズ(2020年1月27日)

1年間、ご視聴ありがとうございました! 1月下旬某ドンキ。初日ラック3段プリキュアドール。 2日後、コスモが消え 翌日主役退場。セレーネ最上段へ。 2月2日「ヒーリングっどプリキュア」スタートまであと少し。     そして時間の止 […]

  • 2020年1月30日
  • 2020年1月30日

八ッ場ダム2(2020年1月30日)

  構想からなんと70年以上。     激烈な反対運動と巨額の工事費をへて、ついに商品化。     台風19号の治水効果をたたえる声も。         &nb […]

  • 2020年2月1日

鷲宮神社(2020年2月1日)

早いもので今年ももう2月。鷲宮神社再び。 受験シーズンもあってかおみくじも絵馬もがっつり増加。 「不死鳥の如く、甦る日を待ってるぞ 京アニ!」   作者の絵馬も。  

  • 2020年2月4日
  • 2020年2月4日

庭石差し上げます(2020年2月4日)

良い天気。 埼玉県・国道4号線沿いを走っていたら 庭石無料で差し上げます。   置く場所があればね。   下はアイス。アイスの投げ売りって珍しい と見ると衝撃の クリームマヨネーズ味  

  • 2020年2月5日

幸せ感溢れる(2020年2月5日)

      北関東最安値更新か古河ヤマダ電機(上)、と思いきや春日部ヤマダ(下)も安かった 白い台紙のヤマダ限定HotWheelsが6種類全部揃ってるのも幸せ感あふれる。  

  • 2020年2月7日
  • 2020年2月7日

既視感(2020年2月7日)

或る通販番組で     なぜか既視感。   見たことがあるこの光景     映画「世界が燃えつきる日」ランドマスター     こんなところでお会いしようとは!

  • 2020年7月28日
  • 2020年7月28日

2020年 夏のももクロ生写真レポート     2020年AYAKANATION  生写真レポート     生写真100セット(500枚)中、サイン入りは安定の2枚       & […]

  • 2020年2月10日
  • 2020年2月10日

羽生イオンシャア(2020年2月10日)

ガンダムは水澤に居た。そしてシャアはイオンに居た。 羽生イオン一角にたたずむシャア・アズナブル。 マッサージチェアを薦めている。 専用カラーの赤いチェアは3倍の威力なのか?

  • 2020年2月11日

物欲チラシ2枚(2020年2月11日)

こんなチラシを見つけてしまった。 欲しくてしょうがない。 軍艦島カード 全108種 限定50部とな。   こちらは永井豪・画業50周年記念切手セット いろいろ付いててすごく豪華  

  • 2020年2月12日
  • 2020年2月12日

無惨(2020年2月12日)

UFOキャッチャーの景品を大事にとっておいたらこんなことに 誰だっけ     無惨     テカテカ素材が総討死

  • 2020年2月13日
  • 2020年2月14日

おおらか(2020年2月13日)

    ご存じ小学館の学年誌『小学五年生』         同じ小学館『週刊少年サンデー』の広告が載ってる。           集英社のジ […]

  • 2020年2月16日
  • 2020年2月17日

アメリカンヒーロー(2020年2月16日)

      新型コロナなど、何かと不安な昨今   梅の花が美しい       こちらはヒーローもの。   動物をいじめるロボットを生身の人間が成敗するアメリカンの力わざ […]

  • 2020年2月25日

幽介無惨(2020年2月25日)

幽遊白書グッズをお菓子缶に入れて保存しておいたら何か妙な感じ       開けてみたら、ガガーン!   一番下に入れてた未開封ドリンクが漏れて大変なことに!!   幸い一番下だったので他のグッズに被害 […]

  • 2020年2月29日

ぐんまちゃん(2020年2月29日)

グンマーの癒し、ぐんまちゃん いろんなところで活躍         銘菓旅がらすにもぐんまちゃんバージョンが登場   味も攻めている いちご味  しょうが味 

  • 2020年3月1日
  • 2020年3月1日

さらば越谷ザらス(2020年3月1日)

本日最終日。画像はあと数時間で完全閉店の図。それでもこの残量。 トリプルカート買いが炸裂する横でチビッ子が即開封&プレイ。 さらば、越谷トイザらス!そして、ありがとう!!

  • 2020年3月2日

安心感(2020年3月2日)

日ペンの美子ちゃんも48歳。 「どんなときも問題を起こさなかった美子を使ってみない?」     ご当地ヒーロー・イバライガーも問題を起こさないぞ   仲間も増えてますます元気

  • 2020年3月3日

雛祭り(2020年3月3日)

本日お雛祭り。   これは昭和50年代モノ   こちらは最近のモノらしい       日ペンの美子ちゃんだってもう少し変わっているような    

  • 2020年3月6日
  • 2020年3月7日

大空突撃隊(2020年3月6日)

「キャプテンフューチャー」中華絵本。 愛機・コメット号はそのまま彗星号。内容は当時の絵本と、すがやみつるの漫画の混載。

  • 2020年3月8日

○○戦隊バラタック(2020年3月8日)

バラタックのコミックス3冊。良く見るとタイトルがビミョーに違う。   再販の度にその時のブームに乗ろうとした結果、タイトルが変化 (超人が正規タイトルで、機動はガンダムブーム時)。     ちなみにカバーを外すと中身は一 […]

  • 2020年3月10日

魔法の(2020年3月10日)

    熊谷名物「魔法の五家寶」  粉がおちにくい魔法がかかっているとか。いや、これを魔法と呼んでいいのか。         こちらは春日部イオンのねこねこ食パン。

  • 2020年3月11日
  • 2020年3月17日

佐野新名物(2020年3月11日)

    栃木県・佐野 ラーメンで有名な土地だけど、こういう新名物があるとは知らなんだ 佐野のパパたちが開発したソース味とな https://www.facebook.com/

  • 2020年3月14日
  • 2020年3月15日

闘技場閉鎖(2020年3月14日)

ショップの片隅に設置されているカードゲームのプレイコーナーも、 コロナの影響で次々閉鎖。     平和な闘技場風景はいつ戻るのか  

  • 2020年3月16日
  • 2020年3月17日

コロナ的駅メモ(2020年3月16日)

ご存じ、駅とりゲーム「駅メモ!」。行った先々の駅をスマホで確保。 コロナ自粛の折柄、現在の駅メモ風景。 短距離でポチるとめちゃ高得点。 長距離移動になるとみるみるポイントが下がる自粛仕様。 至近距離でひたすらポチポチするゲーム、コロナ駅メモ。 &nb […]

  • 2020年3月18日
  • 2020年3月19日

本格始動?(2020年3月18日)

新戦隊ロボが発売になったので先代ロボがいよいよ本格的安売りモードに! 同じく代替わりしたプリキュアは何故か余り安くなってないけど、映画で勢揃いするから?

  • 2020年3月30日
  • 2020年3月30日

エンブレム(2020年3月30日)

昨今おなじみ注意喚起の貼り紙なれど 注目すべきは左肩 大宮アルディージャエンブレムが神々しい         下は、こんな時期にも通りすがりに嫁を探す件  

  • 2020年4月16日
  • 2020年6月29日

『ぼくら』1967年4月号

    なにしろ表紙がカッコいい。次号から別冊ふろくではじまる「キングコング」特集が見ごたえあり。マンガは、裏「巨人の星」的ストーリーで知られる「うなれ熱球」がこの号からスタート。巻頭まんが「ばくはつ大将」は、友人をひき逃げした犯 […]

  • 2020年4月30日
  • 2020年6月29日

『ぼくら』1967年5月号

四大テレビまんが特集号。別冊ふろくでウルトラマン、ブースカ、キングコング。本誌で丸出だめ夫。 特集「これがキングコングだ」は、5ページの枠ながら、次号からのまんが「キングコング」新連載へ向けて、キングコングの能力やフー博士との対決が大伴昌司の冴えた構 […]

  • 2020年4月30日
  • 2020年6月29日

『ぼくら』1967年6月号

ウルトラマンはTV放映が4月9日に終了、表紙のメインをキングコングに譲る。そしてこの6月号・別冊ふろくの「ウルトラマン」は、オリジナル脚本による魅惑のオリジナル怪獣。続く7~9月号は本誌での連載で、どれもオリジナル怪獣のストーリーだ。怪獣デザインはす […]

  • 2020年4月18日
  • 2020年6月29日

『ぼくら』1967年7月号

  どうどう412ページ日本一大サービス号(※) キングコングと007の特集記事が熱い。 マンガ「ターザン」が新連載。描き手は古城武司。ターザンが密林の動物たちを率いて悪者に立ち向かったすぐあとは、読み物「科学のとくだね これはゆかい 動物 […]

  • 2020年4月20日
  • 2020年9月10日

『ぼくら』1967年8月号

夏らしい恐怖読み物に中岡俊哉を投入。円谷プロ監修の「30大怪獣大行進」がすごい。また、東宝映画封切りに合わせ、キングコングの特集に力が入る。 マンガでは、ジョージ秋山の傑作「キリストくん」が新連載。また、藤子不二雄のシュールな「怪人わかとの」が単発で […]

  • 2020年4月19日
  • 2020年9月10日

『ぼくら』1967年9月号

  この表紙だけでも持っている価値ある号。口絵のキングコングは石原豪人が手掛ける。スフィンクス怪獣の手の中でだらりと垂れた少年の肢体、怪獣に襲いかかるキングコングの表情、圧倒的な石原の世界が広がる。続く南村喬之のウルトラ怪獣たちも素晴らしい […]

  • 2020年4月21日
  • 2020年9月10日

『ぼくら』1967年10月号

10月1日からの「ウルトラセブン」テレビ放映開始にあわせて、口絵・特集も大々的にセブンの登場を告げる号。マンガ「ウルトラセブン」連載スタート。一峰大二のウルトラセブンはこの初回だけ瞳をもっていない。2回目以降のセブンには瞳が描かれ、また単行本では初回 […]

  • 2020年4月23日
  • 2020年9月10日

『ぼくら』1967年11月号

  永井豪のデビュー作「目明しポリ吉」掲載号。 「日本一の新企画せいぞろい号」と題して多彩な角度からの斬り口を見せる。中岡俊哉の「きょうふの金曜日」はさすがの仕上がり。また、テレビ=ニュース「ウルトラセブンのスターとくだねだいとくしゅう」が […]

  • 2020年4月22日
  • 2020年9月10日

『ぼくら』1967年12月号

  一年の最後で新旧入れ替わりの号。「快獣ブースカ」「ばくはつ大将」「キングコング」が最終回。永井豪「ヤダモン」、宮崎惇/池内誠一「毒へび魔人」が新連載。前号から連載の「赤い風車」は、時代物に特に定評のある堀江卓の画力が早くも遺憾なく発揮さ […]

  • 2020年10月27日
  • 2020年10月27日

帰ってきたミーコ / 登場人物紹介

わたしの名前は片岡美江子。 ミーコと呼んでね。   ミーコは中3のとき原因不明の病気(?)で、ネコ耳とシッポが生えてしまったの。 でもそれがきっかけで、隣に住む大好きなおにいちゃんが、ミーコをお嫁さんにしてくれたんだ。 幸せ~ おにいちゃん […]

  • 2020年6月23日
  • 2020年6月24日

エヴァ三昧(2020年6月23日)

某部員、コロナ期にエヴァ三昧 カレーはカヲル君のカードがダブり。   最初2種類かと思ってたら全4種ということにあとから気づいたふりかけ。 最初何を買ったか忘れてしまったため、あらためて4種買い。

  • 2020年7月28日

2020年夏・ももクロ生写真レポート

西武ドームで予定されていたももクロ夏のライブ「笑成神祭」 「いつもどおり買ってみました100セット、第37弾2901~2900! あれ、こないだは35弾を買ったような・・・?」     第36弾は医療関係者援助のため1セット300 […]

NEWS お知らせ