『ぼくら』1968年1月号

新年特大号/強力テレビまんがせいぞろい号

1967年12月2日発売

【目次】

 

【今月号のぼくら】

1968年のはじまりだ!口絵の真ん中にあらわれた真っ白なスペル星人を拝もう!

原作・梶原一騎先生/まんが・辻なおき先生「タイガーマスク」新連載!

 

【口絵】「地球をまもれ ぼくらの王者ウルトラセブン」は、まん中にスペル星人!!宇宙龍ナースの円盤すがたとセブンに巻きついてるシーンも出ているよ!

【特集】「ウルトラセブン アクション画報」と「ことしはこんな事件がおこる?」は、どっちも新年号らしいパワフルな特集だ!

・「ウルトラセブン アクション画報」は宇宙怪人の特集だ。自分はすがたを見せず宇宙怪獣をあやつったり、作戦をねって高度な攻撃をしかけてくる宇宙怪人・・・こういう特集、待ってたんだ!もうひとつの「ことしはこんな事件がおこる?」は、世界の予言者にきいた今年1968年におこる出来事。アメリカ国防省せんぞくの予言者は、ことしソ連のロケットが月に行く、って言ってるみたいだね。

【新連載】

・原作・梶原一騎先生/まんが・辻なおき先生「タイガーマスク」新連載!タイガーマスクのマスクのデザインが、先月号の予告のイラストとはがらりと変わったね!ほかに、藤子不二雄先生の「怪人わかとの」、よこたとくお先生「ロボットぽん助」、人気まんが家読みきりシリーズ(第1弾・貝塚ひろし先生「さむらいっ子」)がスタートだよ。

『週刊少年マガジン』で連載中(原作・宮崎惇先生/まんが・南波健二先生)の「豹マン」が、『ぼくら』でも今月号から別冊ふろくで始まった。こちらは桑田次郎先生が描いている。ほかに読み物で、飯塚よし照先生のまんがほうもん、日本のきょうふ、プロ野球びっくり絵ときなど、新企画や仕切り直しをしたコーナーがいっぱいあるよ。

・悲しいことに、ジョージ秋山先生の「キリストくん」が先月号で終わり。伊東あきお先生「おれはポチ警部だ!」が登場だ。ページの下に「お知らせ つごうにより、キリストくんは12月号でおわらせていただきます。ちかいうちに、秋山先生の楽しいまんががはじまります。いま、秋山先生ははりきって案をねっています。たのしみにおまちください」だって。(2021/02/22 追記修正)

【注目】忘れちゃいけないのは新連載よみもの、文・神保史郎先生/絵・永島慎二先生の「ハロー宇宙おじさま」。壮大なほら話の冒険を宇宙おじさまが語ってくれるんだけど、このぽわ~んとしたヒッピーっぽい感じ、神保先生の文と永島先生ののびのびした絵が、すごくマッチしてて、めちゃくちゃすてきなんだ!

【注目】今月号の「科学のとくだね」は「月世界はもうすぐだ!」・・・「1968年には、月旅行のゆめが、かなうかもしれない」だってさ。人工衛星がばんばんうちあげられて、宇宙のなぞがとけてきているそうだ。小見出し「アポロ衛星船 月へつく!」では、「アメリカでは、ことし、月へ人間をおくって、月を探検させる計画がある」んだって。いま必死に準備中って書いてあるけど、特集「ことしはこんな事件がおこる?」で国防省の予言者はソ連が先に行くって言ってるんだよね?これ、ホントにどうなるのかなあ。

 

**********

 

 

【口絵】地球をまもれ ぼくらの王者ウルトラセブン

真っ白なスペル星人(第12話)がビルをこなみじんにしているね。こなごなになったビルも真っ白で、はいきょっぽいふんいき。カラフルな口絵全体の中で、ここだけちょっと特別な空気が流れてる感じだな。右ページはイカルス星人(第10話)、チブル星人(第9話)、メトロン星人(第8話)。メインはウルトラセブンと宇宙龍ナース(第11話)の対決だ。ナースは、とんでいる円盤のすがたから龍になってセブンにまきついてる場面までくわしく出ていて、すごくうれしいよ。

【特集】

〇ウルトラセブンアクション画報  8p(2色4p)

今回は宇宙怪人が中心だね。出てくるのはクール星人(第1話)、ピット星人(第3話)、イカルス星人(第10話)、メトロン星人(第8話)、ビラ星人(第5話)、キュラソ星人(第7話)、ゴドラ星人(第4話)。あばれまわる怪獣より、作戦たてたりあやつったりする宇宙怪人たちがしんりゃくしてきてる感じがすごくって、これがウルトラセブンなんだな。でも第3話のピット星人と第4話のゴドラ星人、2話連続で女の子に化けた宇宙怪人にウルトラアイをとられちゃうダンって、どうなの?

宇宙怪人にからめて、カプセル怪獣ウィンダムとミクラスをがっちり紹介してくれてるのがステキだよ。あと、ウルトラホークやポインターの攻撃されてるシーンや、警備隊のレーザーガンとゴドラ星人のゴドラ=ガンのうちあいも出てくる!

「地球があぶない 宇宙怪人大あばれ」(デザイン・成田亨/絵・田染幸雄)2色1p ウルトラセブン、イカルス星人、メトロン星人、ゴドラ星人。「ダン隊員といっしょに たたかえカプセル怪獣」(デザイン・成田亨/絵・萩原孝治)2p ウィンダムとミクラス、クール星人とその円盤、ピット星人に指令を受けてあばれるエレキング。「ウルトラセブンよ 宇宙怪人のおおあばれをゆるすな」(デザイン・成田亨/絵・萩原孝治)2色2p イカルス星人、メトロン星人(下にセブンの三大戦法の紹介 エメリューム光線・アイスラッガー・ウルトラ=チョップ)「あぶない ウルトラホーク ポインターの大ピンチだ!」(デザイン・成田亨/絵・石井勝利/図解・田染幸雄)2p ビラ星人、キュラソ星人(下に ポインター完全図解・ウルトラホーク分解図)「まけるな ウルトラ警備隊」(デザイン・成田亨/絵・田染幸雄)2色1p ゴドラ星人(下に レーザーガンとビデオ=シーバーの説明)

〇ことしはこんな事件がおこる?世界の予言者がかたる、一九六八年の事件とは(文・久米みのる/絵・南村喬之・水気隆義・杉尾輝利・峯たろう)6p

アメリカ国防省のせんぞく予言者ジーン=ディクスンさんの6大予言、世界の10大予言、静岡県・鈴木志郎さんの予知夢、高嶋象山2代目高嶋華象先生の科学予言など。アメリカ国防省のせんぞく予言者ディクスンさんは、「ソ連が宇宙旅行でアメリカを大きくひきはなす。はやければ1968年のすえには、人間ののったロケットが、月へむかうだろう」と予言してるんだって。

ちなみにディクスンさんはケネディ暗殺を予言した人なんだってさ。その人の6大予言は「中国のミサイルが暴発してソ連にとびこむ/1968年の大統領選挙は共和党が勝つ/がんと小児まひのくすりの糸口がみつかる/ジョンソン大統領の命がねらわれる/ソ連のスパイが大かつやくする/中国か日本に天才少年があらわれる」!

【まんが】

【新連載】「怪人わかとの」(藤子不二雄)16p(2色8p)怪人わかとのアフリカへいくの巻

朝から家老にきびしくしつけられて、わかとのはしょんぼり。そこにアフリカ旅行の広告が。そういえばテレビで「アフリカでは人間も動物ものびのびとじゆうにくらしています」と言ってたよ。わかとの、自由を求めてアフリカへ!ムキーッ!ぼうしに3の文字がないサンスケ(まだ名前は出てきてない)もいっしょ。

〇【新連載】「タイガー・マスク」(原作・梶原一騎/まんが・辻なおき)49p(4色1p)

アメリカのプロレスで黄色い悪魔とおそれられたふくめんレスラー、タイガーマスク。日本でもはでな反則わざで外人レスラーをいためつける。どうもかれは「とらの穴」出身らしい。「とらの穴」は、身よりのない子どもを集めて悪役レスラーにきたえあげる地下の秘密道場だ。孤児の家ちびっこホームのルリ子さんたちは、タイガーマスクをテレビで見ながら、10年前ここからいなくなった伊達直人くんのことを思い出していた・・・・。

〇【新連載】「ロボットぽん助」(よこたとくお)23p(2色4p)

ロボットぽん助ファミリーが町にやってきた!自分たちをつくった博士が亡くなったので、山から町に出てきたんだよ。でも博士が残してくれたお金はだまされてとられちゃうし、ぬれぎぬをきておまわりさんに、ぶんかいされかけちゃうし・・・。けっきょくすごく良いロボットだってことがわかって、みんなと仲良くなるんだけど、ぽん助たちが良い子すぎて、前に連載されてた眉村卓先生の「ロボット感動物語」を思い出しちゃうよ。ロボットってかわいそうだなあ。

〇「なぞの剣士 赤い風車」(堀江卓)50p(2色4p)

無数のししまいが、江戸に到着したばかりの旅の一行をとりかこみ、その中の姫をさらおうとする。だが白いししまいがあらわれて、周囲のししまいを蹴散らした!「ははははは 白鳥城の姫は この白じしが たしかに うけとったぞ」・・・白じしの正体はもちろん赤い風車!松平伊豆守のもと、江戸の平和のために戦う剣士。

白鳥城の小百合姫は、悪家老の黒猿十太夫に父君を毒殺され、伊豆守をたよって江戸に出てきたんだ。赤い風車が姫をたすけて戦うぞ!

〇「おれはポチ警部だ!」(伊東あきお)(16p)

お仕事に行く途中のポチ警部。たちしょうべんする男をみつけて「こまりますねえ たちしょうべんはいけません。いぬだってきをつけますぞ」。言われた男は「あんなこといってる。いぬはたちしょんするもんだぞ」警部「そんなことありませんよ」・・・警部が帽子をとると、いぬの耳。おしりをみせるとしっぽが。・・・「いぬだ」!

まじめで、心やさしくて、おしごとができて、マイホームパパのポチ警部。

〇「うなれ熱球」(原作・相良俊輔/まんが・荘司としお)50p(2色4p)

八郎のかつやくで松風中の野球部は、2年連続県大会優勝した!たくさんの高校から八郎にスカウトがくる。でも「おれは野球をやるいじょう甲子園へいけるようなつよい学校にはいりたい」・・・巨人へのふくしゅうを誓う八郎は、自分で進学先をえらぼうと、高校野球部の道場やぶりを始めたよ。「けっ どこもかしこも 進学したくなるような ほねのある野球部は ねえなあ」・・・

〇「毒へび魔人」(原作・宮崎惇/まんが・池内誠一)34p(4色1p)

人体改造の研究をしていた川上博士は、息子の龍介にかまれたきずがもとで、亡くなった。博士のしゅじゅつを受けた龍介は、血をみると毒へび魔人になってしまうんだ。今月号では、死んだはずの川上博士が学生たちにもくげきされる。あとをつけた学生たちは、今は龍介がばあやと暮らす川上家にたどりつくが・・・。

自分をもくげきした学生たちにおそいかかる川上博士・・・。

〇【新連載】人気まんが家読みきりシリーズ第1弾「さむらいっ子」(貝塚ひろし)40p(4色1p)

大井川の川ごえ人足であらくれ者の金太が、すてごをひろったよ。こんなの育てられないと捨てようとするけど、自分を見てわらう赤ん坊にほろり・・・。三吉と名づけ、いっしょうけんめい育てて十年。三吉はいつのまにか、川ごえ人足の子とは思えないほど学問をこのみ、刀を喜び、大名行列のまねをして遊ぶ子どもになっていた・・・。

【読み物】

〇なんでもそうだん 1p

「太陽の熱を石炭になおすと、人間ひとりあたり、どれくらいの石炭をもらっていることになるのですか?」ほかに、かいこのまゆひとつぶからでるまゆ糸の長さ、東京で一日に出るざんぱん、南極の氷を平地にうつすと、どのくらいの高さになるか

〇【新連載】「ハロー宇宙おじさま」(文・神保史郎/絵・永島慎二)4p

「宇宙のかべのむこうがわには、いったい、どんな世界があるのだろうか」・・・全財産の100円で輪ゴムをごっそり買いこんだおじさまは、大きな杉の木をパチンコにして、宇宙へとびだす。「発射!」かけ声もろとも、かかえていた石をなげだし、はじきとばされたおじさまは、またたくまに無重力圏に到着。「そしてわしは、さっそく、宇宙のはてめざして、ぬきてをきっておよぎだした」

おじさまは宇宙で、子どもたちの花の国を見るんだよ。そして、帰りはソ連のロケットにうまのりになって帰ってくる・・・!

プロ野球びっくり絵とき(構成・三田卓也/絵・井上のぼる)2p 野球選手たちの、自動車くらべ、大ぐい三人男、くせくらべ。

〇日本のきょうふ① かた目の仏像がわらう!(文・宮崎惇 絵・石原豪人)(4p)

道にまよった和夫がはいりこんだ古いお寺には、年取ったぼうさんと小ぼうず。ふたりとも片目がつぶれている。寺にある仏像も、てんじょうやかべにかかれた天女の絵も、みんな片目がつぶれていた・・・。

今月からは日本のこわいお話。「毒へび魔人」で池内誠一先生とタッグを組んでる宮崎惇先生が、石原豪人先生と組んで、逃げ場のないところにどんどん読者を追いつめてくれるよ。ちなみに扉の説明では主人公の名前は道夫。本文では和夫。

〇日本珍ニュース 1p

京都のごみ焼き場でみつかったマネキンの死体、宮城県の栗原農業高校でつくられた校長先生のにがおパン、群馬県前橋市の、大男・ふとった人せんもんの洋品店、福岡県の赤ちゃんすもう大会

〇【新連載】まんがほうもん 空港警備はまかせとけ!(えと文・飯塚よし照)東京国際空港・空港警察訪問(4p)

飯塚よし照先生が、「みんながいけないおもしろいところ」をしょうかいする企画の第1回目。空港警察は交通整理もするし、ボディーガードもするし、密輸の捜査もするし、すごく大変。しかも外見まで!・・・「外人に見られてもはずかしくないように」スタイルの良い人を集めてるんだって。写真をみてもシュッとしてカッコいいや。

〇科学のとくだね「月世界はもうすぐだ!」(4p)

今年は月旅行のゆめがかなうかもしれない!いままで710個いじょうの人工衛星がうちあげられてるんだって。ここでは、月へ人間を送るアポロ計画のしょうかいがされてるよ。ほかに「人工衛星がといた宇宙のなぞ」

〇【新連載】阿部進先生の現代っ子クイズ 1p

カバゴン先生は教育評論家だから、クイズもなぞなぞを解くというより教育だね。

・〈「おとなになったら、なにになる?」ときかれたら、きみはなんと答えるか。①ジェット機のパイロットになって、世界一周をしたい。②ジェット機にのっていけるようなしごとをしているサラリーマンになりたい。③ジェット機で、世界をまわってみたい 〉・・・正解は③なんだって。「この問題は「世界をまわりたい」というおなじきもちをもっている。だとしたら、自分のかせいだお金でまわる人が、いちばんしっかりした考えをもっていて、たのもしく生きてゆくだろう」だって。・・・そ、そうなの?

〇まんが新聞(構成・大島正二/絵・藤田しげる)(2p)

トップ記事:豹マンとタイガーマスクがお正月に上野の動物園から呼ばれた、てっきりサイン会かと思ったら、本物が病気だからおりの中を歩いててくれ、だって。「特報!」では宇宙おじさまが、「こんど、ベトナムへいって戦争をやめさせてくるが、しょくん、いっしょにいかないかね」とみんなに呼びかけてるよ。

〇どんちゃか笑学校(構成と絵/木乃実光とスタジオK)(12p)

まんがで、ヒックとノッピのコンビがいじわるゲームやいかしたアイデア、かくし芸などを教えてくれる。

〇ふろくのあそび方3p ウルトラセブン早がわり手品、ウルトラ警備隊バッヂ、マジックとけい、ウルトラセブン読心術ゲーム、ウルトラ怪獣絵あわせ、ウルトラセブン非常線ゲーム

〇ぼくちゃん新聞 16p

みなさんのおたより、にがお絵コーナー、わらい話、ぼくのかいたまんが、まんがのひろば、文通コーナー、川崎先生に講談社まんが賞、なぞなぞとクイズ大募集!、まんが家ニュース、編集だより、表紙について(レイアウト/水野石文 モデル/木村正大くん)

去年1967年1月号は、まんが家先生たちの年賀状コーナーがあったけど、今年はこのぼくちゃん新聞の「まんが家ニュース」の中に、先生たちからの新年のごあいさつがのってるよ。ちなみに池内誠一先生は「あけましておめでとう!「毒へび魔人」をどんどんこわくしますから、みなさん、おうえんしてくださいね。」だって。

【懸賞】

〇バンダイのサンダーバードお正月大懸賞(提供/(株)バンダイ)2p

A賞 サンダーバード2号(40人)リモコンで、前後左右にじゆうに走りまわるぞ。(電池つき) B賞 サンダーバード1号(20人リモコンで、つばさがうごき、すごいスピードで走る!(電池つき) C賞 サンダーバード3号(20人)ピイーンという音をだしながら直進するぞ(電池つき) D賞 サンダーバード4号(20人)とてもよく走るぞ!(電池つき)E賞(サンダーバード5号)(20人)障害物にぶつかっても走りつづけるぞ(電池つき)

〇エポック社の室内ゲームお正月大懸賞(提供/エポック社)2p

金賞 ファイト=ボール(20人) ボール=ゲームの決定版! 銀賞 ホッケー=ゲーム(20人) 友だちとホッケーをやろう! 銅賞 おてつきゲーム(20人) みんなであそべるゲームです ぼくら賞 オールスタートランプ(60人)王選手・長島選手の写真入り。

【主な広告その他】

〇 ニチバンセロテープを買ってリモコン怪獣 わんわん物語セットを当てよう

〇家計簿はことしもやっぱり婦人倶楽部がいちばんいいよ!

〇東芝乾電池 2倍もつかえるキングパワー 東芝光速エスパー

〇少年マガジン

「天才バカボン」の左、見切れているところは、「珍豪ムチャ兵衛」その下に「ものしりクイズ大学」

〇講談社 ことしもがんばるぞ!ぼくら編集部/昭和42年度「講談社三賞」決定 1p

ぼくら編集部の編集長以下8人が、今年のほうふを語る。/「講談社三賞」児童まんが賞 川崎のぼる氏「巨人の星」(少年マガジン所載) 写真賞 木村恵一氏 カラー「企業の最前線」から、日本光学、吉田工業、ワコール(週刊現代所載)。さしえ賞 柳生弦一郎氏「青年は荒野をめざす」(平凡パンチ所載)

【裏表紙】アサヒ靴 怪獣王子

【ふろく】

別冊ふろく「豹マン」「ちびっこ怪獣ヤダモン」 ウルトラセブン怪獣かるた、ウルトラ怪獣絵あわせ、ウルトラセブン非常線ゲーム、ウルトラセブン早がわり手品、マジックとけい、ウルトラ警備隊バッチ、ウルトラセブン読心術ゲーム

新年特大号ふろく ぼくらデラックス別冊テレビコミックス(ウルトラセブン/ピッカリ・ビー/七つの顔の男/とくするページ/今月のテレビ特集)

〇ウルトラセブン(原作・上原正三/怪獣デザイン・成田亨/まんが・一峰大二)チブル星人 45p(2色4p)

深夜、ポインターを走らせるダンとフルハシの前に、おもちゃの武器をもち、ワッペンをつけた子どもたちがあらわれた。おもちゃのおじさんにもらった、といって子どもたちが去ったあと、若い女がふたりに声をかけてきた。ダン隊員とあくしゅしたいと言う女と、ウソをついてダンの代わりにあくしゅしたフルハシは、怪電流にやられてたおれ、女はキーンと空をとんで逃げていった。警備隊でワッペンの文字を分析すると「アンドロイドゼロサクセン」・・・ダンとソガはさっそくアンドロイド0作戦の調査を開始する。一方、てんじょうの高い一室で機械の前にすわる老人。例の女が入ってくると「ばかめ しっぱいしおって」とダンをたおせなかったことを責め、「アンドロイドゼロ作戦 こんや開始する」と告げた。・・・

子どもたちを催眠にかけて武器をもたせ、地球をせいふくしようとするチブル星人。『ぼくら』では、「おもちゃのおじさん」という語は出てくるけど、テレビのおもちゃじいさんとちがって頭の大きい博士みたいな老人がチブル星人。し、しかもアンドロイド0が戦闘用に変身するんだ!チブル星人も巨大化して、セブンを苦しめるよ。テレビも面白かったけど、こっちもすごいぞ!

これがアンドロイド0戦闘形!

〇かみなりぼうや ピッカリ・ビー(ムロタニ・ツネ象)21p

ゼロゼロ五エ門からわんぱくシックスあてに年賀状がきたよ。「きょ年はいろいろといじわるしてごめんでござった。おわびのしるしに、せっしゃのホテルへしょうたいするでござるよ」・・・大喜びのみんなは、ビーちゃんの雲でホテルのある志賀高原へ行ったけど、山でクマが出てきておおあわて。実は五エ門そっくりの四人組が、クマの毛皮をかぶってみんなをおどかしてたんだ。わんぱくシックスと五エ門チームの対決だ!

〇読みきりテレビまんが 七つの顔の男 (原作・比佐芳武/脚本・今村文人/協力 NETテレビ/まんが・中城健太郎)生きていたビーナスの巻(32p)

芸術品ばかりねらう、なぞのごうとう団があらわれた。うりだし中のファッションモデル・泉リカは、ごうとう団の首領である父から指令をうけて、芸術品集めにかかわっていた。七つの顔をもつ男、飛鳥譲治は、絵の競売会でリカに近づいた・・・。

〇とくするページ 2p

懸賞ファン、切手ファン、スケート=ファン、おもちゃファンへのお得なじょうほう

今月のテレビ特集 映画・テレビ・歌・スポーツ 人気スター住所録 16p

さすがお正月号。はいゆう、歌手、スポーツ選手の住所がずらり!!映画は「怪獣島の決闘 ゴジラの息子」「足ながおじさん」「フランケンシュタインの逆襲」「007カジノ=ロワイアル」「続・夕陽のガンマン」(文・片岡正男・岡部利男/絵・井上のぼる)

【次号ふろく予告】

 

最新情報をチェックしよう!

ヴィンテージ委員会の最新記事8件