『ぼくら』1967年12月号

日本一の大サービス新企画カラーまんが特集号

11月2日発売

【目次】

 

【今月号のぼくら】

【口絵】「たたかえウルトラセブン」は、画面右で、前回別冊ふろくのまんがで出てきたゴドラ星人が、セブンに持ち上げられてるよ。ちなみに今月号の別冊ふろくはイカルス星人。イカルス星人もここにばっちり出ているね。あとはなんていってもウィンダムだな。テレビの1回目でやけどしてがんばってたのに、『ぼくら』ではミクラスばっかり出てきてたもんね。

【特集】「これが世界の魔法医だ」は、魔法で病気の治療をする世界の魔法医たちの特集だ。「しんせんな企画と、ショッキングな話題をおくる、「ぼくら」の特集記事!毎月かならず読もう」だって。

【新連載】

永井豪先生の初連載「ちびっこ怪獣 ヤダモン」スタート

ぼくつよいもん、と言ってしょっぱなから猫に追っかけられるヤダモン。ホントかわいいな。テレビも毎週みているよ。でもブースカとはお別れなんだ。シオシオノパー・・・。あとは原作・宮崎惇先生/まんが・池内誠一先生の「毒へび魔人」が新連載。扉には「講談社新人まんが賞受賞第一回連載」ってのってるよ。

【最終回】山田正弘先生・上原正三先生/益子かつみ先生「快獣ブースカ」、辻なおき先生「ばくはつ大将」、伊東あきお先生「キングコング」が最終回。みんななごりおしいなあ。あと関耕太先生の文章にさいとうたかを先生・石川球太先生・川崎のぼる先生が交代で絵を描いていた動物感動シリーズが最終回。今回もすごくダイナミックだったよ!

【注目】新年号からの新連載予告に注目だ!

1968年1月号からスタートの、藤子不二雄先生「怪人わかとの」、桑田次郎先生「豹マン」、原作・梶原一騎先生×まんが・辻なおき先生「タイガーマスク」、よこたとくお先生「ロボットぽん助」、そして人気まんが家よみきり劇場(第1弾は貝塚ひろし先生「さむらいっ子」)。

中でも大注目なのは「タイガー・マスク」!

このタイガーマスク、しましまのマスクで、タイガーっていうより、しまうまプリントだよ。これじゃ豹マンに食べられちゃいそうだ。

このマスクが見られるのは、この号だけ!

 

 

************

 

【口絵】カラー大画報 たたかえウルトラセブン(撮影・大島康嗣)

ウルトラセブンにウィンダム(第1話、第24話、第39話)、イカルス星人(第10話)、エレキング(第3話)、ビラ星人(第5話)、クール星人(第1話)、ゴドラ星人(第4話)

1回目の放映で登場したウィンダムが、クール星人といっしょにでっかく登場だ。ちなみにエレキングは11月号の口絵でもウルトラセブンと対決していたな。そのときは「エレキングをくびじめでやっつける」だったけど、今月号の口絵は「ううっ エレキングのくびじめに、ウルトラセブンも苦戦だ」だって。

【特集】

〇これが世界の魔法医だ!(文・久米みのる/え・南村喬之・水気隆義・境木康雄・杉尾輝利・井上のぼる)7p

「アフリカの吸血魔法医、マサイ族の記憶とりもどし法、コーカサスのコンフリーちりょう、インディアンのけむり医者、いまアフリカでおこなわれているきょうふの開頭手術 はじめてあかす!魔法大病院のひみつ」など。

チベットの奥地にある魔法大病院。「日本の大学病院にもまけない施設」をもっていて、さるの歯を移植してくれる歯科、病人をこちこちにこおらせて手術する冷凍科、宝石に太陽光線をとおして放射能を出す放射線科、天然ガスを竹のくだで病人のおしりに送り込むガス科、ラジウム鉱泉のおふろに入れるラジウム科、ほかに催眠術科、発汗科、くん製科、鳥葬科などがあるよ。

〇ぼくは少年チャンピオン(文・深谷庄一)5p

全国の小学生のかつやく。少年剣道、作文、図画、砂の芸術、蝶の採集、まめ記者、怪獣を考えたチャンピオン・・・「東京の戸山小学校六年生の高田昌之くんは、朝日新聞で募集した「新しい怪獣」にベラメスという怪獣をだして一等になった。この怪獣は全長二十メートル重さ三十六トンだ」

【まんが】

〇「うなれ熱球」(原作・相良俊輔/まんが・荘司としお)48p(2色8p)

前回のラスト、ずっと八郎を支えてきてくれた黒めがねのおじさんが、自分の正体を明かした!「お おじさんが とうちゃんの頭にデッドボールをくらわせた男だなんて・・・」

恩人のおじさんが、とうちゃんのかたきだなんて、今になっていわれてもずるいや。・・・そんな・・そんな・・・、おれはいったいどうしたら・・・。思い悩む八郎。そこへ、沖縄時代にかわいがってくれた剛平さんからの手紙が届く・・・。

【新連載】「ちびっこ怪獣 ヤダモン」(永井豪)24p(2色4p)

ヤダモンが太郎とチョメ子のおうちにやってくる第1回目。

南極で発見された怪獣のたまごが、怪獣研究所の博士のところに到着した。そこへガチャンと窓ガラスを割って子どもたちの草野球のボールが!当たって博士がのびてるところに、ボールと間違えてたまごをとっていってしまう太郎とチョメ子。さあ、草野球の最中にヤダモン誕生だ!

さっそく猫においかけられて、逃げまどうヤダモン。

〇「赤い風車」(堀江卓)49p(4色1p)

品川に巨大な燈台が建設中。これができれば品川の沖を通る船がどんなに助かるか。その建設現場に、ぶきみな笑い声がひびく。「この土地はくらやみ教の聖地じゃ。ここへ燈台をたてれば くらやみさまのたたりがあるぞ」・・・声をねらいうった鉄砲隊も工事に行った大工たちも、くらやみ教の死の折り鶴につぎつぎ殺された!

ばーんと登場、赤い風車!

【最終回】「快獣ブースカ」(原作・山田正弘・上原正三/まんが・益子かつみ)23p(2色4p)

おまんじゅう屋さんの「たべきょうそう」にブースカとメチャ太郎が参加したよ。「百個たべたら一万円あげます」・・・ふたりとも食べる食べる、おまんじゅう屋さんは大あわて。おまんじゅうがすっからかんになるほど食べたけど、賞金はもらえず、メチャ太郎は泣き始めた。メチャ太郎、そんなにお金がほしかったの?

メチャ太郎が病気のお母さんに会いに行く費用をつくるため、みんなで怪獣万国博をひらいて入場料をかせぐことにしたよ!最後は大ちゃん発明のロケットで、ブースカとチャメゴンが故郷へ帰ってゆく。

〇【最終回】「ばくはつ大将」(辻なおき)40p(2色4p)

大将は子どもたちのため、空き地に遊園地をつくってあげた。子どもたちが安心して遊べる広場が不足してる!でも地主さんが、空き地をつかうなら地代を払えと言うんだ。近所の親たちは地代を払うのには後ろ向きだし、困ったね。そんなとき工場火災が起き、そこで遊んでいた子どもたちが巻き込まれた!

「ばくはつ大将」最後のページの柱には、「タイガー・マスク」の予告がのってるよ。「ついに登場!梶原一騎・辻なおきのゴールデン=コンビ!プロレスまんが「タイガー・マスク」をきたいしよう。」

〇「キリストくん」(ジョージ秋山)(16p)

「ぎゃはは ダンプさまのおとおりだい」今月は、あらっぽい運転のダンプのおじさんについていくキリストくん。

〇【新連載】「毒へび魔人」(原作・宮崎惇/まんが・池内誠一)34p(4色1p)

講談社新人まんが賞受賞第一回連載

(

長いこと人間改造の研究をつづけてきた川上博士は、ある夜、息子の龍介にかまれ、「自分のまいたたねだ」といって死んでしまった。死因は「すごくきょうれつな毒物による死」で、毒蛇にかまれたと判断された。ふだんおとなしい龍介は、血を見ると毒へび魔人になってしまうんだ!・・・

〇【最終回】「キングコング(伊東あきお)31p(2色4p)

太平洋上にうかぶX島。その近くの海には、船をおそう謎の怪魚人が出るんだ。ボビーたちの船の前に怪魚人登場、キングコングに、げきたいされる。そのあとX島に立ち寄ったボビーたちは、もとナチスの科学者だった老人から、怪魚人はフー博士の子分が、ナチスの秘密兵器のガスを吸って変身したのだと教えられた!

【読み物】

〇テレビ=ニュース テレビスターびっくりとくだね(文・片岡正夫・岡部利男 え・峯たろう・井上のぼる)(16p)

「テレビスターのとくだねものしり」「ごしょうかいしますぼくの珍友」「ことしのびっくり珍事件」「大はりきり青春スター」「石坂浩二さんへ質問」「ブルー=コメッツのメンバーしょうかい」「ザ=ドリフターズの芸名のひみつ」

ことしのびっくり珍事件、「テレビ「キャプテンウルトラ」の撮影のとき、雷雨がきて、撮影中止。ところが、雷雨怪獣だけはごきげんだった」「「真田幸村」の”大阪冬の陣”の撮影をま夏におこなった。あまりのあつさに、スタッフたちはあせだくだく。こおり56キロをぺろり。とんだ”冬の陣”だった」・・・

映画は「クレージーの怪盗ジバコ」「ゴールデン・ブル作戦」「いつも心に太陽を」「拳銃のバラード」「荒野の墓標」

〇巨人軍ひみつ情報 堀内投手物語「なみだの初勝利!」(文・三田宅也/絵・林朝路)2p

今年のキャンプで、こしをいためた堀内投手は、ずっと二軍生活で、7月30日の大洋戦まで勝てなかった。でも堀内のまけじだましいはいっそう強くなった!

〇みんながつくる怪獣物語!「きょうふのますい光線」(文・中尾明/え・石井勝利)2p

トンネル工事の音で八千年のねむりからさめてしまった古代怪獣ジャラガス。人間をつかんで、めきめきしゃぶるんだ!でもそこに、つばさをひろげた怪獣があらわれた。ガラパゴス島のジャングルでうまれた万能怪獣トカス。

「トカスは、陸はもちろん、水中にもぐり、空もとべるスーパー怪獣だ」・・・万能怪獣っていいよね。しかも正義感が強いんだって!

〇とくするページ 1p

「カメラのすきなひとは、ちかくにある酒屋さんで、ニッカ=ウヰスキーの写真をとって送ろう。特別賞の人は、一九六八年に、メキシコでおこなわれるオリンピックへ招待してもらえるぞ。くわしいことは、ちかくの酒屋さんできこう しめきりは十二月十五日」

〇ニュース物語「かあさんが死んじゃった!」(文・中尾明)4p

内田健くんは、交通事故でおとうさんとおかあさんをなくしてしまった。大きな地ならし車が、みせの中にとびこんできたのだ。

タイトルのところに「きみたちの「講談社」では、交通事故をなくすための運動を、おこしました・・・この国を、交通事故のない国に!」とある。

〇カラーテレビがあたる大懸賞!交通事故をなくすアイディア募集!1p「日本から、交通戦争をなくそう!」そのために、きみの力をかしてください。「こうすれば交通事故がなくなる(きみたちが考えた新しいアイディア・くふうをわかりやすくかいた図・絵・もしくはまんが)/交通事故をなくすためにこうしてほしい(家族の人たち・運転手さん・先生・大臣・おまわりさんなどに、ぜひおねがいしたいことをかいた手紙) いじょうのそちらかを、官製はがき一まいにひとつの作品をかいておくってください」

特賞 東芝カラーテレビ ユニカラー19インチ(1人)、入選 東芝テレビ20インチ(3人)、佳作 高級オリンパスペンカメラ(10人)努力賞 世界の交通安全切手集(300人)(審査員=松本清張、阿川弘之、阿部進、新井裕、秦野章)

先月号からの懸賞企画。しめきりは12月15日(消印有効)だよ。

〇電子頭脳がこたえます なんでもそうだん 1p

「日本じゅうの国鉄は、一年間にどのくらいのお客さんを、はこんでいるのですか? 電子頭脳さん(ジー・ガチャポン!)でましたよ。やく七十億人のお客をはこびます・・・日本人は一年にひとりへいきん、東京から大船までの距離をのっています」

〇どんちゃか笑学校(木の実光とスタジオK)13p

くたばれクリスマス、どんちゃかクイズ、どんちゃか百科、くたばれサンタクロース、どんちゃかクリスマスゲーム、どんちゃかプレゼントうらない

〇ぼくちゃん新聞 16p

みなさんのおたより、にがお絵コーナー、みんなの作品、ぼくら読者そうだん室、ぼくの考えた怪獣、文通をしよう、学校新聞きりぬき、まんが家ニュース、編集だより、応募のきまり、表紙について(レイアウト/水野石文 モデル/木村正大くん)

編集だより ●「怪獣博士が「怪獣博覧会」へ」「福島県の会津若松で、九月十日から十月二十二日まで、会津博覧会がひらかれました。この中で円谷プロの「怪獣博覧会」は、ものすごいにんきでした。この博覧会に、編集部から、怪獣博士といわれている富井記者が、取材にでかけ、資料をあつめてきました」

〇【最終回】絵物語 動物シリーズ「かた目の王者 ケニア=キング」(文・関耕太/絵・さいとうプロ さいとうたかを)11p

かた目の王者とビクトリア大帝、2匹のライオンのそうぜつな戦いは、かた目の王者の勝利でおわった。でもその後、ビクトリア大帝が、密りょう者のわなにかかってとらえられたとき、かた目はにくしみにもえて、密りょう者たちにおそいかかった!

〇科学のとくだね「高いぞ!三十六階のっぽビル」(協力・三井不動産・鹿島建設)3

「東京の国会議事堂のちかくに、三十六階ののっぽビルができた。日本でははじめてののっぽビルだ。」①高さ一四七メートル②エレベーターは三十四台③ビルの人口一万五千人④家賃は一か月七百万円

三井不動産がたてているこのビルは、来年3月に完成なんだって!いちばん上の36階は、だれでものぼれる展望台にするんだってさ。

〇まんが新聞 2p

トップ記事 ピッカリ・ビーちゃん大雨をふらす  赤い風車が剣道の先生になる/かっこわるいキリストくん など

〇ふろくのあそび方 1p 万年怪獣カレンダー 怪獣トランプ

【主な広告その他】

予告など

(桑田次郎先生「豹マン」は別冊ふろくでの連載)

新年号予告のタイガーマスク、ここでも、しまうまだね。

〇『週刊少年マガジン』

〇ニチバンセロテープ 

〇ニッスイ ヤダモンだっこちゃん 日本水産 デラックスマヨネーズ/チビッコチーズ

【懸賞】

〇エポック社の戦争ゲーム大懸賞(提供/エポック社)2p

金賞 リモコンヘリコプター(5人)きみの家の電灯線が電源になる。かんでん池がいらない変圧器つきです。

銀賞 機関砲ゲーム(10人)まどが自動的にうごくぞ!

銅賞 魚雷戦ゲーム(20人)魚雷発射!戦艦をげきちんしよう!

ぼくら賞 オールスタートランプ(60人)デラックスなトランプであそぼうぜ!

〇宇宙家族ロビンソン大懸賞(提供/株式会社マルザン)2p

A賞 宇宙船ジュピター2号(10人)モーターで走り、中の設備もうごく(ねだん 1500円)

B賞 宇宙探検車スペースタンク(20人)リモコンでじゆうにはしらせることができる(ねだん 800円)

C賞 ロボットフライディ(20人)リモコンで、うでをうごかしながらあるく(ねだん 800円)

D賞 ロビンソン人形(30人)ウィル スミス博士 人形は6種各800円。このうちどれかひとつ。

〇ふろくのあそび方 1p 万年怪獣カレンダー、怪獣トランプ

【裏表紙】ドンキッコフーセンガム(カネボウハリス株式会社)

【ふろく】

別冊ウルトラセブン、ピッカリ・ビー、ターザン

ウルトラ怪獣トランプ、クリスマス=ゲームブック、万年怪獣カレンダー

イカルス星人登場の巻

(原作・若槻文三/怪獣デザイン・成田亨/まんが・一峰大二)

アキラくんのとなりの家では変なことばかり起きていた。ネコが空中できえたり、死んだハトが空中にうかんでいたり。となりにはあやしい男がすんでいる。怪現象をしらべようとしたダンは異次元にはいりこみ、その中でとなりのあやしい男とそうぐうした。男は第十七惑星からきたイカルス星人。すぐれた科学力で、異次元の世界と地球をむすぶコントロールマシンを開発し、地球を手に入れるため攻撃してくた。いっぽう異次元にとじこめられたダンは・・・。

11月号の別冊ふろくと同じく、まんがのあとに、特集ページがついてるよ。

ウルトラセブン特集「ウルトラセブンと 宇宙怪獣 宇宙怪人」・・・内容は、「ウルトラセブンの超能力、地球をおそう宇宙怪人の超能力くらべ、宇宙怪人の侵略作戦をうちくだけ!地球をねらう宇宙怪人と宇宙怪獣、いままでに地球をおそった宇宙怪人と宇宙怪獣、ここがしりたい10の質問テレビまんが「ウルトラセブン」のひみつ、きみもウルトラセブンをかこう ウルトラセブン大懸賞」  懸賞ページを含めて16pの大充実特集。

【次号ふろく予告】

「ぼくら新年号は大サービス12大ふろく」

最新情報をチェックしよう!

ヴィンテージ委員会の最新記事8件