夏休み大サービス特集号

8月3日発売 200円

【目次】

【今月号のぼくら】

なんてったって表紙が神がかってるよね!ずっと白黒テレビで見てた「ウルトラQ」、色つきのガラモンが表紙だなんて、興奮して目から血が出そうだよ。アツいぜ!

【口絵】表紙もすごいけど口絵「キングコング大画報 スフィンクス怪獣をたおせ!」がまた泣いちゃうすごさ。泣いちゃうってのは、こわくて泣くんだよ。まあ石原豪人先生がスフィンクス怪獣を全力でかいたら、こうなるよねえ。それにキングコングの顔つきが迫力すぎて・・・。スフィンクスの手の中には、ボビーくんのほそい手足がだらり。豪人先生、これちょっと本気出しすぎじゃないの?

もうひとつの口絵「ウルトラ怪獣名画報」は、ウルトラQの怪獣たちを2色4ページでのせてくれてるよ。ガラモン、ラゴン、パゴス、ラルギュウス。どれも迫力があって、ステキなんだ。

【特集】は「ターザン特集 これがジャングル城だ」「きょうふ特集 妖怪総まくり」

・「ターザン特集」は、「007もしのびこめないターザン城のひみつ」で、木と石でつくった大きな建物、ターザン城を図解してくれている。あれ?七月号にのってた木の家は?って思ったけど、あの家はふだん用なんだって。

・大伴昌司先生の「きょうふ特集 妖怪総まくり」は、「半魚人対かっぱ」「ドラキュラ対てんぐ」など、日本の妖怪と外国の妖怪を対決させてるんだ「妖怪のすみか早わかり」では、てんぐも魔女ゴーゴンもかっぱも、住んでるところがひとつの図解に入ってて、国のちがう妖怪がひとつのお風呂にはいってるみたいな、この不思議で楽しい感じ、どう言えばいいのかなあ。「墓場の鬼太郎」でもいろんな妖怪が出てくるし、この頃ぼくは、妖怪にかんして、確実にひとかわむけたよ!

【新連載/最終回】

まんが「ウルトラマン」がとうとう最終回。テレビ放映が終わったあと、テレビに出なかった怪獣を一峰大二先生が描きつづけてくれて、ほんとうに特別な時間だったよ。最後の怪獣は吸水怪獣ウェットン。これ、顔からからだがぜんぜん想像できないタイプ。水をすったりはいたり、水のえたいのしれなさを、すごく感じさせる怪獣だね。来月号から「ウルトラセブン」が始まるよ!

しゅっとした顔とポンプみたいな胴体。

・園田光慶先生「Dマークの男 ガードマン7」が新連載!いまテレビでやってる「ザ・ガードマン」みたいに、7人のガードマンがかつやくするんだ。「ザ・ガードマン」、面白いもんねえ。ぼくのクラスの子はみんな見ているよ!今月号は別冊ふろくに「ザ・ガードマン」のまんがもついている。お得だな。

文・梶原一騎先生/絵・中村英夫先生の「プロレス物語」が最終回だ。いろんな名勝負のお話が、7月号からはジャイアント馬場さんの決戦録になって、今回の相手は原始怪人ザ=ビースト。馬場さんがあきらめそうになったとき、亡くなった力道山先生のことばが馬場さんを助けるんだ。こういう最終回って、いいね。

【注目】

池内誠一先生「鬼じい」が登場。池内先生は、講談社の第一回新人まんが賞をとった「悪魔船」が『別冊少年マガジン』8月号にのって、今回はその「入選記念作品」って予告されてたな(『ぼくら』8月号)。「鬼じい」は、山のまたぎのお話で、そういう山の古い世界は、お師匠さんの白土先生のえいきょうもあるのかな。こわさの高め方がすごくって、デビューしたてとはとても思えないよ!もうひとつのきょうふまんがは、江原伸先生の「じごく」。じごくはすぐそばにある、っていうテーマが、きょうふまんがの大家って感じだね。

【注目】

これ、ホントは新連載のところに入れたほうがいいんだろうな。文・中尾明先生/絵・石井勝利先生の「読者がつくる怪獣物語」がスタートだよ。「きみたちが考えた怪獣を使って、中尾明先生がつくる怪獣物語!これは、みんなの作品でつくるページだ!」だって。いままで「ぼくちゃん新聞」で、読者のかんがえた怪獣をしょうかいしてたから、それをもとにこういうコーナーができたんだね。お話の下に、今回登場する怪獣のせつめいと、考えた子の名前がのっている。このページにのると、怪獣色紙をもらえるんだって!いいなあ。

 

**********

 

【口絵】キングコング大画報「スフィンクス怪獣をたおせ!」(絵・石原豪人)

なまなましくって、ぶきみな、豪人ワールドのキングコング。

〇ウルトラ怪獣名画報(©円谷プロ)2色4p

「ガラモンの逆襲」(絵・南村喬之)「いかりくるうラゴン」(水気隆義)「パゴスおおあばれ」(南村喬之)「ラルギュウスの襲撃」(石井勝利)

【特集】

〇ターザン特集「これがジャングル城だ」(文・久米みのる/絵・田染幸雄 前村教綱)5p

007もしのびこめないターザン城のひみつ、ターザンの4大戦法、ターザンはこうして王者になった

7月号「四大テレビまんがのひみつ」に「これがターザンの家だ」って出てたのは、ふだん住んでる家なんだって。「近代兵器をもった強敵がせめてくると、とてもふせぎぎれないので、ジャングル内のターザン城にたてこもる」だってさ!この広さなら、動物たちもいっしょにたてこもれそうだね。

〇きょうふ大特集「妖怪総まくり」(構成・大伴昌司/絵・水気隆義)5p

半魚人対かっぱ、ドラキュラ対てんぐ、「妖怪のすみか早わかり」「世界の妖怪・怪物ベスト7」

【まんが】

〇【新連載】「ガードマン7」(園田光慶)49p(4色1p)

ある社長さんが殺されて、現金3千万円がうばわれた。ガードマン社の特別課Dマーク、7人のガードマンが出動だ!でも同じ手口の殺人事件がつぎつぎ起きて、被害者はみんな太平洋戦争でM国へ行っていた部隊の人たちなんだって。そしてガードマン7、赤木圭一は、自分の育った孤児院の園長さんが、そのひとりだということに気づくんだ・・・。

【最終回】「ウルトラマン」(原作・梓博 /怪獣デザイン・成田亨/まんが・一峰大二)33p(4色1p)

滝の水がきえてしまう、地面がくずれて家がしずむ、水不足ででんせんびょうが起きる、とつぜん地下から水がでて大こうずいになる・・・。吸水怪獣ウェットンは、水をすって、はいて、水を消したり出したり。水ぶくれのおなかをパンチしても腕がしずんじゃうし、スペシウム光線のキズもなおしちゃうんだ。・・・

水のぶきみさをもつ怪獣ウェットン。たおすには大きなぎせいが必要だ・・・

〇「ばくはつ大将」(辻なおき)50p(4色1p)

大将が捨て子をあずかって、赤ちゃんのお世話をする回だよ。大将のお母さんは留守中だし、夜中にも赤ちゃんが泣くから試験勉強もできないし、大よわり。でも新聞部のヒロイン、ミッチイとは、子育てをとおして、かなりおアツい回だよね。

〇「キリストくん」(ジョージ秋山)16p

刑務所から脱ごくした犯人にキリストくんがついていく。ふりきろうとしても、大きな声で「脱ごく犯」ってよぶから、犯人も調子くるうよね。よわった脱ごく犯は、橋の上からキリストくんを川にほうりなげる。「かんべんしろよ、ぼうや」・・・でもおぼれてるキリストくんの声をきいて、とびこんで助けちゃうんだ。・・・「それじゃいこうよ」とキリストくん。「いくって どこへ?」「どこって 脱ごく犯の いくとこだよ」・・・すごいなあ。ジョージ秋山先生すごいなあ。

〇「少年ハリケーン」(堀江卓)31p(4色1p)

のらいぬにおそわれたらしい、みもと不明の死体がふたつ・・・。そののらいぬたちは妙にかしこくて、誰かにあやつられてるみたいなんだ。ふたつの死体のつめから、スポーツカー=メーカー、合田技研のとくべつなエンジンオイルが発見された。その合田技研は、新車の設計図をぬすまれて大さわぎ。犬たちをあやつる存在と産業スパイ、さすが堀江先生、ひねりがきいてるね!

〇「うなれ熱球」(原作・相良俊輔/まんが・荘司としお)50p(4色1p)

黒めがねのおじさんのコーチもあって、八郎は投手として初勝利。チームは県大会で勝ちすすんで、八郎は完全にてんぐになっちゃった。つぎの対戦相手は、優勝こうほナンバーワンの浅野中。でも浅野中には長田というすごいバッターがいるんだって。「なあに だいじょうぶ どんなバッターがあらわれたって まけやしねえ!」・・・チームでもわがもの顔の八郎だけど、美也子ちゃんは「このままではきっとあなたはだめになるわ おねがい 目をさまして!」・・・八郎は「おせっかいばかし やきやがって」だって。こら八郎、美也ちゃんに、なにをいばってるんだ!

 

浅野中にうちのめされた八郎。マウンド上で、がくっ。

夏休み2大きょうふまんが特集 第1話「じごく」第2話「鬼じい」(2作共通の4色扉1p)

〇「じごく」(江原伸)22p 

ダイナマイトこぞうと言われるくらい気のみじかいのぼるは、毎日けんかばかりしてる。・・・おれだってけんかなんかしたくない、でもびんぼうなおれをばかにするやつらがいる。どうしておれは、びんぼうなんだろう・・・。そんなのぼるは、きりの中のふしぎな声に、それはおまえの過去のせいだといわれる。・・・

〇「鬼じい」(池内誠一)23p 

山おくのまたぎ、鬼じいは、くま殺しにしゅうねんを燃やしてるんだって。ひとりの学生さんが鬼じいの話をききにたずねてきた。あいにく鬼じいはるすなんだけど、出むかえたおばあさんは、人くいグマにめのまえで息子を殺されてからクマばかりねらうようになった鬼じいの話をする。・・・

話のとちゅうで、何度か「鬼じいが かえってきた」というおばあさん。そして、何かをひきずるような音・・・。とてもデビュー直後とは思えない池内先生、どんどんこわさが高まっていくよ。

【読み物】

〇テレビ=ニュース テレビスターとくだね大特集 16p

「テレビものしり」「テレビ「これが青春だ」に出演の 青春スターしょうかい」、「人気スターがあかす子どものころのゆめ」、「声優スターのひみつ」(「ターザン」のターザン役、小林修さん、ジャイ少年役、朝井ゆかりさん、「キングコング」ボンド博士役、納谷悟朗さん、「ピッカリ・ビー」ゴン吉役や「快獣ブースカ」ブースカ役、高橋和枝さんが登場)「外国テレビ映画ふきかえのひみつ」、テレビ「神州天馬侠」の伊那丸役で大かつやくの「黒田賢さんのひみつ」、映画紹介は「特攻大作戦」「ボタンウィローから来た男」「大西部への道」「ナポレオン・ソロ ミニコプター作戦」

テレビ「神州天馬侠」伊那丸役で大かつやくの黒田賢さんのひみつ

6月からテレビでやってる「神州天馬侠」の黒田賢さん、しゅみは「野球・テニス・柔道」・・・スポーツマンなんだね。でも殺陣が「はじめは野球のバットをふるようなかっこうになって」こまってたんだってよ。学校は東京の自由が丘の高校から七月に京都の高校へ転校・・・さつえいで忙しいんだね!

〇【新連載】読者がつくる怪獣物語「三大怪獣の決戦」(文・中尾明/絵・石井勝利)2p「きみが考えた怪獣を使って、中尾彬先生がつくる怪獣物語!これは、みんなの作品でつくるページだ!」

「ザザザーン!とつじょ、芦ノ湖の水面が小山のようにもりあがり、ぶきみな怪物が岸にはいあがった。身長五十メートルをこす、六本足の大怪獣だ・・・「あっ、デベソゴンだ!」」

今回登場するのは、富士山の噴火口からうまれる、こびと怪獣ブーラ、目から怪光線を出して人間をデベソ星にはこんでしまうデベソゴン、羽のねもとから小さいカブトムシがいっぱい出てくるムシカブト。自衛隊じゃ歯がたたないし、ウルトラマンもいないから、怪獣が怪獣をやっつけるんだね。

〇絵物語・動物シリーズ「さばくの友情」(原作・関耕太/まんが・石川球太)11p

ひみつ指令をもって出発した北京特務機関、近藤中尉は、道に迷ってしまった。おおかみの群れにおそわれて、乗っていた馬がたおれてしまう。そのとき、おおかみを撃退してくれた存在が・・・。それは一匹のめすのヒョウだった。

このひょうがメスだってこと、そしてこの人との関係、それをこの絵1枚でわからせちゃう石川先生、さすがだなあ。

〇科学のとくだね 月世界のマンモス遊園地(文・斎藤守弘 絵・田染幸雄)(3p)

「人間がじゆうに月世界にいけるようになったら、月全体を巨大な遊園地にしようという計画がある」んだって。「空気がほとんどなく、ものの重さが地球の六分の一になるという月世界のとくちょうを生かした、ゆかいなゲームのたくさんある遊園地」・・・ステキすぎる計画だ!

月の世界の動物のとくちょうも説明されてるよ。「空気がないので、岩をたべて酸素をつくる、石ぶくろをもつ、太陽の強い熱にたえられるように、ひふはワニのようになっている」だって。・・・ちょっとジャミラを思い出して、しんみりしちゃったな。

〇ニュース物語「死とたたかった八時間」(文・八木基克)(4p) 心臓の手術をがんばって受ける裕昭くん

〇巨人軍ひみつ情報 王貞治 不死身のワンちゃん (2p)

病気もせず、たくましい王選手が、高校時代ライトフライをとりそこねてけがをしたときがあるんだって。「あわててかけよった選手たちに、王選手は、口の中から血をはきだしながらいった。「ひろ子にすまない!こんなつまらんけがをして・・・」「ひろ子?どこの人だい?」選手たちは首をひねった」・・・ひろ子というのは王選手のおねえさんで、小さいころからだが弱かった王選手は、おねえさんが亡くなったときから、すごくじょうぶになったんだそうだ。「ひろ子が、おまえのよわいところを、ぜんぶもっていってくれたのよ」とおかあさんにきかされて育った王選手。こういうのが、王選手の強さのかげにあるんだね。

〇【最終回】「プロレス馬場決戦録 きょうふの原始怪人」(原作・梶原一騎/絵・中村英夫)(4p)

一九六四年一月七日、カナダのトロントで、きょうふの原始怪人ザ=ビーストとジャイアント馬場さんの対戦がおこなわれた。その二十日ほどまえ、日本では馬場さんのお師匠さんの力道山先生が亡くなった。かなしみをこらえて出場した馬場さんだったけど、どんな攻撃もきかない原始人に大苦戦。そのとき、力道山先生のことばがひらめいた。

「馬場よ。どんな不死身の人間でも、ただ一か所、のどぶえだけはきたえようがない。・・・のどぶえへの水平打ちをやってみろ」・・・馬場さんの必殺水平打ちをのどに受けて、原始怪人はマットにくずれた!

〇電子頭脳がこたえます「なんでもそうだん」(1p)

「海の水はしおからいけど、世界じゅうの海から塩をとってあつめると、どれくらいになるの?」など

〇とくするページ(1p)

・「毎月二万人にパーマン=シャツ ハイカップのふた一個を送れば毎月二万人に、すばらしいパーマン=シャツがあたるぞ」

・「富士山のふもとに怪獣の国 ”怪獣の国”が、富士急ハイランドにできたぞ。きみも、ワンダー=モノレールにのって、見物しよう。夏休みにはいろいろなショーをやっているよ。新宿から直通バスでいくと、三時間十五分でいけるぞ。」

・「切手三十円分に、森永スキップの外ばこ一まいと森永ミルクキャラメル(二十円)の内ばこ一まいを、いますぐ送ろう。うごきさけぶ怪獣大戦争のワンダーレコードをくれるよ」・・・これ、今月号に広告が出てるね!

〇どんちゃか笑学校(制作・木乃実光とスタジオK)13p いじわるゲーム、いじわるクイズ、9月だ いじわるしまショウ、くたばれ新学期、ありゃこりゃなぞなぞ、いじわる図型

〇ぼくちゃん新聞(16p)「みなさんのおたより」「にがお絵コーナー」「みんなの作品」「ぼくの考えた怪獣」「ぼくら読者相談室」「校長先生のおたより」「文通しよう」「まんが家ニュース」「編集だより」「応募のきまり」

《まんが家ニュース 園田光慶先生の新れんさい》「新れんさいの「Dマークの男 ガードマン7」をかいている園田光慶先生は、五十ページの大作なので、なんどもなんども案をねりなおして、しめきりぎりぎりにやっと完成。「”こりの園田”の名をとっているだけある。」と担当者は大よわり。いい作品はかいてもらいたいし、はやくかいてもらいたいし、「毎月こまらされるのかなあ。」と担当者は、はやくも頭をいためています。」・・・

〇ふろくの遊び方 2p カラー印刷セット、ブースカ=ヘリコプター、キングコングゲーム、ひみつインキ

【懸賞】夏休みとくべつ大懸賞(7p)

〇富士自転車のサイクリング車大懸賞(提供・富士自転車)金賞 サイクリング車「富士セフティファイブ」(2人)銀賞 「富士ツアーフォア」(2人)

〇人気まんが家サイン色紙大懸賞 ガードマン賞、ばくはつ賞、コング賞、ピッカリ賞、熱球賞、ウルトラマン賞、ブースカ賞、ターザン賞、ハリケーン賞、キリスト賞(それぞれ10人 合計100人)

〇ローマ字も英語もならえる タイプライター大懸賞(提供 株式会社クラモチ)金賞 マークス200 5人 銀賞 マークスライター10人

【主な広告その他】

〇「週刊少年マガジン」

左端見切れているところ、キングコングの左に「墓場の鬼太郎、パットマンX、珍豪ムチャ兵衛」、パンパカ学園の左に「●ものしり大学 ●頭のスポーツ ●いじわる驚室」

〇講談社ご愛読者 夏休み特別優待割引券 ウォルトディズニーの色彩漫画映画2大作!ダンボ クマのプーさん

〇森永キャラメル/森永スキップチョコ  かならずもらえる! 「うごき さけぶ ワンダーレコード 怪獣大戦争」

〇タイガー商会 地球ゴマ 最新式単戦ゴマ

〇キングレコード「楽しいレコードを聴いてブースカ人形を当てよう よい子に贈る・・・・ベストLP」   LP「あつまれ!ちびっこ」「木馬座テーマソング集」「わんぱぃ(テレビ・映画)マンガ大行進」「ふたつからいつつまでの子どもの歌」「ピーターと狼 青少年の管弦楽入門」

【裏表紙】シスコのキャプテンウルトラガム・チョコレート

【付録】

別冊「キングコング」「快獣ブースカ」「ターザン」「ピッカリ・ビー」「ザ・ガードマン」

大人気のTVドラマ「ザ・ガードマン」のまんが化作品

新発明カラー印刷セット、ヒミツインキ、ブースカ=ヘリコプター、キングコング=ゲーム、天才ブック

【次号ふろく予告】

最新情報をチェックしよう!

ヴィンテージ委員会の最新記事8件