高橋さって(セイントクロスシリーズ)

最新の記事

    高橋さって / セイントクロスシリーズ

    1966年7月17日(ウルトラマン第1話放映日)、埼玉県生まれ。
    古物商、ライター。

    幼少期から漫画、アニメ、特撮の世界に親しむ。
    大学在学中、古本屋でアルバイトを始めて本格的にこの世界にのめりこみ、以後、もと東映プロデューサー・平山亨氏率いる平山組の最末期主力要員として倉庫管理などを任されるまでに至る。
    のちにイベントで知り合った堤哲哉氏と意気投合、堤氏を代表とする「空想科学古物商 えむぱい屋」を立ち上げ、その実質的運営を担った。

    該博な知識をもとに、その品の位置づけを即座に判断。何かを解説する時は他の人が選んだ残りのマイナーな分野を一手に引き受けるなど、すべてに対応しうる能力で群を抜く。この、モノを見分ける力と機動力の高さとで、しばしば陰のお助け人的な役割も果たしてきた。えむぱい屋が、都市開発のため店舗営業を終了した後は、ライター業をメインとし、漫画プロダクションや玩具メーカーにも関与するなど、業界内を深く静かに暗躍中。

     

    フィギュア「聖闘士聖衣大系(セイントクロスシリーズ)」は1986年バンダイから発売され、87年度男子玩具最大のヒット商品となった。(ウィキペディア・・・『フィギュア王』95号より)

    今年2016年は、漫画『聖闘士星矢』の連載開始からちょうど30年にあたる(『週刊少年ジャンプ』1986年1・2合併号~。発売は前年12月)。6月には『星矢』30周年を記念する展覧会が秋葉原で催された。黄金聖闘士の等身大立像などが展示され、シリーズの後継品セイントクロスマイスEXの魚座アフロディーテ、射手座アイオロスのオリジナルカラーエディションが限定発売された。それを買うためわたしの知人も長時間並んだ。この2016年12月31日、高橋さってさんと、セイントクロスの物語を始めよう。

     

    **

    かつてえむぱい屋は東池袋にあった。今はとりこわされて跡形もない、サンシャイン60の日陰にひしめき合っていた雑居ビルの6階で、店内は天井までおもちゃの箱で埋め尽くされ、昼でも薄暗いジャングルのようだった。

     

    ・・・セイントクロスを買いに、フランス人が続々と店に押し寄せたんですよね?
    わたしは聞きかじった知識でさってさんに尋ねてみた。
    「香港からもいっぱい来ましたねえ。なんだかぴかぴかしていて、おめでたいと思ったんでしょうかねえ」と、さってさんはいった。
    ・・・おお、そういえばペガサスは麒麟に似てる、かも。
    「はいはい、フェニックスは鳳凰ですかねえ」
    わたしはメッキのセイントクロスが金の亀や鶴と居並ぶおめでたい図をひとしきり空想した。

    だがさってさんのメッキ観はまた別のところにあった。そのあと倉庫をひっかきまわしながら、さってさんはわたしにこう言ったのだ。
    「メッキは子供のおもちゃには必須ですよねえ」
    ・・・必須、ですか?
    わたしは少し不思議な気がして反問した。
    「はいはい、必須です~」
    その口調が、ここは譲れないという感じのきっぱりした断定で、それがなんだか心に残った。

     

    周知のことでもあろうが、ここで「聖闘士聖衣大系(セイントクロスシリーズ)」という玩具をちょっと説明しておきたい。
    車田正美の漫画「聖闘士星矢」で、主人公の星矢を含む聖闘士たちが着用する甲冑は、普段は星座をかたどったオブジェの形状をしているが、分解されると甲冑=聖衣(クロス)と化し、着る者内部の小宇宙(コスモ)を呼び起こして、その者に強大な戦闘力を与える。
    「聖闘士聖衣大系」は、登場人物のフィギュアに、オブジェにも甲冑にもなる組み立てパーツを付けた、いわば男の子版着せかえ人形である。

    『聖闘士聖衣MYTHOLOGY』(2012  ホビージャパン)

     

    ***

    当時えむぱい屋には、セイントクロスを求める客が連日詰めかけていた。今からおよそ20年前のことだ。
    ・・・しかしなんでそんなにクロスのお客さんがえむぱい屋へ来たんでしょう?

    それがわたしにはいささか謎だった。

    聞くところによれば、フランスには「クロスを買うならえむぱい屋へ行け」と書いたガイドブックすらあったらしい。フランスといえばベルサイユ。フランスといえばルーブル美術館。そのフランス人があの東池袋のジャングルになだれを打つ光景を思い浮かべて、わたしは若干くらっとした。どうしてそこまであの店がこの玩具に関して突出していたのだろうか。

    このわたしの疑問に、いともあっさり、さってさんは答えた。

    「そりゃ、聖闘士クロスをまともに扱ってるのが、うちだけだったからですよ~」
    ・・・え?
    「こういうこまかいモノだから、よそだといろいろ欠けてる部品とかあったです。そこを完璧に漏らさず揃えているのは、うちくらいのものだったです」

    わたしは完全に拍子抜けした。
    大人気のセイントクロス、古物商の間ではさぞかし競合が多かったろうと思っていたが、どうも様子が違っている。
    豊富な需要を目の前にして、ほかの店は一体なにをしていたのだ。

    ・・・プレミアもつけたんですよね。どのくらいですか?
    「新品の天秤座(ライブラ)で1万円くらいですかねえ」
    発売時の価格は2千400円。4倍程度の値段は中古業界では珍しくもない。詰めかける客たちにどんどん売れただろう。
    「最初は売れなかったです」
    ・・・売れなかった?
    「はい。5年は売れなかったです。みんなから、そんなもんにプレミアつけるなんてとぼろかす言われたです」

    わたしは全然知らなかった。
    90年代初頭、中古のセイントクロスはまだ値打物ではなかった。時期的に新しすぎてプレミアはつかないとされていた。パーツもこまかく煩瑣で、完璧に揃えるのは見合わない労力だった。
    新品のおもちゃ業界は入れ替わりが激しい。さかのぼってコレクターが集めようとしたとき、中古のおもちゃ業界でいち早く徹底してセイントクロスに肩入れしていたのは、さってさんだけだった。雑多に投げ売りされている商品を本気で揃えて高値をつけるさってさんは、当初、周囲から馬鹿と思われていた。

     

     

    4

    その日、さってさんとわたしは、倉庫の中をひっかきまわしていた。
    ここもまたかつてのえむぱい屋を彷彿とさせる、地表に残ったいかれた楽園のひとつである。
    「じゃあひとつ、カッコいいところを撮っておきましょうか」とさってさんが言った。

     

    (非売品)

    確かに子供の玩具としてはパーツがおそろしくこまかい。
    これは1個や2個なくす子供がざらだっただろう。
    この「聖闘士聖衣大系」は、何かを組み立てるプラモデル感覚をフィギュアに持ち込んだ点でも画期的だったといわれている。

    そういえば、プラモデル界の帝王、血祭大魔神がかつて言っていた。
    「プラモデルを組み立てるのが好き。そしてそれをばらすのが好き。もう一度組み立てられるように」

    甲冑にもオブジェにも、二通りに組み立てられるセイントクロス。

    さってさんも言う。
    「なにせ超合金で、フィギュアで、合体ですからねえ。見た瞬間これはすごいと思いましたよ」

    わかります、とわたしは思った。

    組み立てられるし、ぴかぴか光ってるし。

    わかります、さってさん。

    ひとことだけ言っていいですか?

    ・・・まったく男ってェやつは。

     

     

    5

    さってさんは、わたしのために一冊の本を持ってきてくれていた。原色の表紙の絵といい、でかでか打たれたタイトルといい、いかにもやくざな感じのムック本だった。
    『フィギュア帝国2』(1998年12月 白夜書房)

    「おたくにも一冊あると思いますが」とさってさんは言った。
    ・・・いや、見たことなかったです。
    (あとで確認したら確かに我が家は持っていた。しかも数冊!)

     

    表紙では、変な赤色をしたマジンガーZのにせものみたいなヒーローが、片手の剣を振り上げてばっさり怪獣を切り捨てている。のけぞる怪獣。
    右端には「VINTAGE TOYパワー集中 完全無欠コンプリート」(セイントクロス、サイバーコップ、マシンロボ、変身忍者嵐カード他)と書いてある。左下には特大サイズの文字で「聖闘士聖衣 & クロスフィギュア」(コンプリートコレクション 超スーパー大特集!!)とあった。

    そうか、とわたしはそこで気がついた。
    この本の主眼は「コンプリート」なのだ。

     

     

    ご存じのかたは多いのだろう。
    無知なわたしが遅まきながら知ったことには、かつて古物屋はたいていこの本を備えていたというのだから。もちろんその品の位置づけを知る第一級の資料として。
    参考までにここに目次を記しておこう。

    <<   フィギュア帝国2・CONTENTS  >>
    100ページめいっぱいのオモチャに感動!

    ・聖闘士聖衣シリーズコンプリート
    ・クロスTOY傑作選
    ・DX大箱・東映戦隊TOY大集合!
    ・勇者シリーズTOY
    ・メタルヒーロー達のTOY世界
    ・CYBER COP コンプリート
    ・タカトク・オーガス他、コレクション
    ・変身忍者嵐カード84点コンプリート
    ・マシンロボ54点コンプリート
    ・ROBOT&HERO TOYS
    ・駄玩具のオイシー味わいに感動!
    ・ミニ・ミドルソフビだけで12ページのウレシー大特集
    ・ソフビ&カードSPESIAL!
    ・ピープロ特撮の世界を、目一杯味わおう!!

    最後のコーナーでは、「ピープロ・東映の二大プロデューサーに懐かしい話を聞こう!!」というタイトルで、平山亨氏と鷺巣富雄氏(=うしおそうじ)の対談が載っている(インタビュアー・堤哲哉氏)。なんとも豪華な布陣ではないか。

     

     

    ******

    当時、白夜書房の田村さんという名物編集長のもとで、えむぱい屋は『フィギュア帝国』『フィギュア帝国2』『まんが帝国』『ビンテージジャパン』と次々に本づくりに参画していた。
    『フィギュア帝国』は、雑誌『フィギュア王』や『ハイパーホビー』が新商品の掲載をメインとしていたことから、レトロ系で行こうとの掛け声だったという。

     

     

    これでもかとばかりにおもちゃの写真をつめこんだページをめくりながら、わたしは不思議な感慨にとらわれていた。
    ここには網羅することへの一貫した執念がある。
    この膨大なおもちゃや資料の多くはえむぱい屋がもちこみ、撮影と解説をほどこしたものらしい。
    「だからタイトルが「○○帝国」なんです」
    ・・・ひゃ、このタイトルって、えむぱい屋から来てるんですか?
    「われわれ、1号の途中から参加して、最初は別のタイトルが考えられていたそうですが、気がついたらこれになってたです」
    なんとまあ。    わたしは絶句した。
    「ちなみにこれは田村さんの趣味です」
    さってさんは表紙の赤いマジンガーZもどきを指さした。ぱっちなマジンガーは土俗的な怪奇風味を漂わせ、夜の神社あたりで人でも襲いそうに見える。
    「雑誌のオリジナルキャラをつくるという狙いはよかったんですが、発想がちょっと早すぎました。『まんが帝国』もマンガーマスクってオリジナルキャラを出しまして~」
    ・・・マンガーマスク?
    「はいはい~、やりすぎて転覆しました」
    ・・・おおう。

     

    ともかくもセイントクロスシリーズの全貌は、この『フィギュア帝国2』で初めて紹介された。後発の玩具への影響も含め、クロスのパワーと位置づけが可視化されたのだった。
    このとき1998年。「聖闘士星矢」はアニメ化もされ、息の長い人気作品ではあったが、発表されて既に10年以上を経過し、ブームそのものは沈静化していた。
    だがこの本が、中古のセイントクロス市場に火を点ける。

    *******

    ここで「フィギュア帝国2」の、セイントクロスシリーズのページを見てゆこう。

     

     

     

     

    ********

     

    *********

     

    『フィギュア帝国2』のクロスの写真を見ながら、わたしは尋ねた。

    ・・・さってさんは、この中でどれかひとつ選ぶとしたら何にしますか?
    「ああ、それならこれですねえ」
    ためらいなくさってさんが指さしたのは、海皇ポセイドン編の海闘士鱗衣(マリーナスケイル)のひとつ、「シードラゴンスケイル、双子座のサガの弟、カノン」だった。

     

     

    ・・・へえ、それはまたどうして?
    「まずこれ、オブジェが縦バージョンと横バージョンの2通りに変化するんです~」

    言われて初めて気が付いた。
    なるほど縦のバージョンは普通のタツノオトシゴスタイルだが、横にするとまるで龍が波を蹴立てて泳いでいるようだ。これはめちゃくちゃカッコいい。
    ・・・ホントだ!ホントだ面白い!!
    わたしは興奮した。

     

    「普通はみんな、こっちのクラーケンのほうを珍しがるんですよ」
    さってさんは、下の「クラーケンスケイル 北氷洋伝説の男、アイザック」を示した。確かに【強レア品として名高いクラーケン・・・】と説明がついている。
    「クラーケンには製造の最終番号がついているからなんですが、それを言うならカノンの出荷はクラーケンと同時なんですよ。クロスはだいたい2個ずつ出荷されて、カノンもクラーケンもロット自体は同じなんですねえ」
    ・・・へええ、じゃあ最終番号ってホント番号だけなんですね。
    「ですです。カノンは、オブジェはこんなふうに変化するし、ストーリー的にも重要キャラで、敵の将軍だけど最後まで生き残ってあとで味方になるっていう・・・」

     

    ジェミニのサガの弟カノン。多くの物語の中で、双子という存在はしばしば光と影の交錯するドラマを生んできた。その上、邪悪な存在でありながら味方になるという葛藤の深さ。
    さってさんの言葉どおり、やはり最終ロットの主役はクラーケンではないだろう。この双子こそは、大系の製造側が最後の思いを託して出した大きな寵愛キャラではなかったろうか。

     

    **********

     

    セイントクロスシリーズは全世界的に売り出されている。無版権のぱっちもんも出た。

     

     

     

    (  香港版 )

     

     

    陽の当たる玩具史であれ、ぱっちな裏街道であれ、ともかくもセイントクロスの成功は、後続のおもちゃに大きな影響をもたらした。
    そのひとつが、クロストイというジャンルの成立だという。

    「フィギュア帝国2」は、この後継クロスたちも網羅してそれぞれ説明をつけている。 サムライトルーパーの掲載ページをここに示そう。

     

     

    アニメ「鎧伝サムライトルーパー」は1988年に放映開始された。おもちゃは、バンダイのセイントクロス人気を受けてタカラがクロス市場に参入した商品で、正直あまり売れなかったという。

    「アニメ自体はそこそこ受けたんですが、おもちゃのほうはすってんてん~」

    自分で掲載した玩具なのに、さってさんは容赦なかった。
    ・・・へえ、どうしてなんでしょうねえ。
    「やっぱり地味なんですよ。ぴかぴかしないから」
    一撃のもとにぶった斬っている。
    「メッキは必須」と言ったさってさんらしい。これはもう骨の髄までメッキ愛に侵されたセリフではないか。

     

     

     

    **********

     

    セイントクロスシリーズは全世界的に売り出されている。無版権のぱっちもんも出た。

     

    (スペイン語版)

    (セイントファイター?)

     

    陽の当たる玩具史であれぱっちな裏街道であれ、ともかくもセイントクロスの成功は後続のおもちゃに大きな影響をもたらした。そのひとつが、クロストイというジャンルの成立だという。『フィギュア帝国2』はこの後継クロスたちも網羅してそれぞれ説明をつけている。 サムライトルーパーの掲載ページをここに示そう。

     

     

    アニメ「鎧伝サムライトルーパー」は1988年に放映開始された。おもちゃは、バンダイのセイントクロス人気を受けてタカラがクロス市場に参入した商品で、正直あまり売れなかったという。

    「アニメ自体はそこそこ受けたんですが、おもちゃのほうはすってんてん~」

    自分で掲載した玩具なのに、さってさんは容赦なかった。
    ・・・へえ、どうしてなんでしょうねえ。
    「やっぱり地味なんですよ。ぴかぴかしないから」
    一撃のもとにぶった斬っている。
    「メッキは必須」と言ったさってさんらしい。これはもう骨の髄までメッキ愛に侵されたセリフではないか。

     

     

     

    クロストイ

     

     

    ***********

     

    わたしはどうしても、ひとつ訊いておきたいことがあった。

    ・・・さってさんはどうしてセイントクロスをそんなに早くから推したんですか?

    結果的に『フィギュア帝国2』が当たったからよかったものの、クロスにいち早くプレミアをつけて売るさってさんは、当初は馬鹿だとたたかれ、値上がりしたらしたで、うまくやったなとくさされた。

     

    「うーん、良いものなのはわかってましたからねえ、売れないはずがないと思ったんですよ~」
    ・・・でも売れなかったら?
    「自分の好きなものが認められないわけがない。もし売れないなら死ねばいい。そう思ったです」
    いつも柔和なさってさんが、思いがけないほど強い言葉を口にした。

     

    当時、古物市場で、聖闘士星矢大系に関心を示す者は皆無だった。遠い過去の品ならまだしも、なまじ近い過去だから、ひどく中途半端で宙ぶらりんだった。
    よその店ではせいぜい1000円。こまかい部品が幾つも欠け、パーツを繋ぐランナーが切れている、クロスはそんな状態で無造作に投げ売りされていた。そもそもそこまで完全にという意識自体が定着していなかった。

    さってさんはそれらを片っ端から買い集めた。欠けた部品は補い、ランナーの切れも厳しく点検し、完璧に揃えて高値をつけた。新品なら1万円を譲らなかった。
    「売れなかったじゃない、売らなかったです」
    安けりゃゆるさんと言う構えだった。こんなに良いモノが価値のないはずはない。そう言って、セイントクロスが評価されない世界を容認しなかった。何年間もそれを続け、気が狂っていると人に言われた。

     

    (香港版)

     

    さってさんは言う。

    「いま、モノを所有する楽しさが薄れてきている気がするんですよねえ。
    みんなネットで値段を手軽に調べて、こっちが安い、あっちが高い、って情報で動くでしょう。安いか高いか、そういう情報ばかりが先行している」

    「これはレアですよ、価値がありますよ、はあるけれど、これは良いモノですよが少ない。モノが好きなんじゃなくてお金が好きなんでしょうか。昔はモノを持っているとただもう嬉しかった。でもいまはみんな手に入れては売ろうとする。モノを持ってるのが不安なんでしょうかねえ」

     

    セイントクロスをどうして推そうと思ったのかというわたしの問いに、さってさんは結局最後まではっきりした答えを言わなかった。  要するに理由といえる理由はなかった。ただとにかく、一目見てすごいと思った。見た瞬間から好きだった。中古市場で誰も見向きもしない時期でも、その気持ちはずっと変わらなかった。価値を信じて譲らなかった。

     

    「いいモノですよ、これは高いですよ、まけませんよ。そうやって高値をつけて、みんなに馬鹿だと言われながら息を止めて我慢していました」

    売れなかったらずっと我慢していただろう。

     

    思うにあの言葉「メッキは子供のおもちゃには必須です」、たぶんあれは、さってさんの内なるちびっこが発した言葉だったのだ。そのちびっこが、セイントクロスというぴかぴか光る玩具に問答無用で惹きつけられた。大人のさってさんは、それを一生懸命集め揃えて高値をつけた。
    それは魂の値段だった。

     

    (ブラックフェニックスクロス)

     

    *************

     

     

     

    それではここで、『フィギュア帝国2』19ページ、クロスについて書かれたチャーミングな解説文をお目にかけよう。
    これはさってさんが書いたもので、かれの文章の癖がそのまま出ている。少し長いが全文引用したい。
    お読みあれ。

     

    「人形+アーマーのシステムが、聖闘士聖衣からクロスと総称される様になった!
    クロス(CLOTH)と云う名を初めてオモチャに使用したのが、セイントクロスシリーズであり、以後バンダイは、アクションフィギュアにアーマーを着せていくタイプのオモチャをクロスと総称する様になった。
    このクロスTOY系のシリーズには(バンダイ以外の製品も含めて)評価にはまだこれからの名作TOYがゾロゾロあるのが特徴だ。ウィンスペクター、ハイパーショウ(注 ブルースワット系)、ライダー系、SDのガンダムクロス等もイイ出来だし、何と云っても、クドいがスパイラルゾーンのシリーズはこのフィギュア+アーマーと云う意味においてプラ製品の最高峰のシステムであると断言できる。素材、デザイン共に素晴しすぎる内容だ。コレは見つけて、値段に納得がいったら是非、即買いをオススメする。パーツがかなり多いので欠品には注意!」

     

    さってさんのこの文章が、わたしはホントに好きだ。
    この文の中には、おもちゃを勧める、おもちゃを手に入れるということの本質、そのピュアで可愛い気持ちが詰まっている。
    「評価はまだこれからの名作TOY」とあるくだり、世間の評価はまだだが名作は名作なんだという断定がいい。「値段に納得がいったら」という言葉がまたステキ。
    値段とはつまり数字でなく、自分が納得ゆくかゆかないかなのだ。

     

     

    (セイントファイター箱裏面)

     

    **************

     

    『フィギュア帝国2』の目次にはこんな言葉が載っている。

    「特撮を、超現実映像を希求する心は、平和を望む者の心なり!夢は愛と平和の為に見る物なのだ!

    おもちゃに夢を馳せる。そして、その夢を通し、愛と平和を考える!」

     

     

    同じような表現は裏表紙にも見える。

    「夢は平和のために見るのだ!    古き良き時代の夢に学ぶ」

     

    これはこの本作りの総帥である優れた編集長、白夜書房の田村さんが記した言葉である。

    裏表紙では宇宙空間を、例のえせマジンガーに劣らぬ変な顔をつけた宇宙船が進んでゆく。後方には色とりどりの小さなソフビ人形たちが並んでいる。変な宇宙船はかれらに見送られながら星のまたたく宇宙空間を進んでゆく。

    おもちゃの持つ本質的な力は、救済の力だ。
    この小さな懐かしいモノたちを心にいだき、かれらに見守られながら人は進んでゆくのだ。
    田村さんの言葉は時代を貫いて、現在のわたしたちをいよいよはっきりと照らしている。

     

    *************

     

    すべてのモノに値段がつく時代、モノがパワーを無くしたとされるこの時代、本当のところおもちゃの値段とは何か。おもちゃを売買するとはいったいどんな行為なのか。

    誰もがこの場所から逃れられるはずもない。

    それでも、たとえばさってさんがセイントクロスに対してやったようなこと、ただ魂をこめて売り買いすることが、この世で徹底してそのモノの側につく旗を掲げることではないかと、ふと思う。

    その旗の立つところ、モノは今なお不滅であり、わたしたちは何かが勝利する世界を生きている。

    < 2017年1月 >