CATEGORY

高橋さって / 聖闘士聖衣大系

高橋さって / プロフィール

高橋さって 1966年7月17日(ウルトラマン第1話放映日)、埼玉県生まれ。 古物商、ライター。 幼少期から漫画、アニメ、特撮の世界に親しむ。 大学在学中、古本屋でアルバイトを始めて本格的にこの世界にのめりこみ、以後、もと東映プロデューサー・平山亨氏率いる平山組の最末期主力要員として倉庫管理などを任されるまでに至る。 のちにイベントで知り合った堤哲哉氏と意気投合、堤氏を代表とする「空想科学古物商  […]

高橋さって / 聖闘士聖衣大系 ①

フィギュア「聖闘士聖衣大系(セイントクロスシリーズ)」は1986年バンダイから発売され、87年度男子玩具最大のヒット商品となった。(ウィキペディア・・・「フィギュア王」95号より) 今年2016年は、漫画『聖闘士星矢』の連載開始からちょうど30年にあたる(「週刊少年ジャンプ」1986年1・2合併号~。発売は前年12月)。6月には『星矢』30周年を記念する展覧会が秋葉原で催された。黄金聖闘士の等身大 […]

高橋さって / 聖闘士聖衣大系②

かつてえむぱい屋は東池袋にあった。今はとりこわされて跡形もない、サンシャイン60の日陰にひしめき合っていた雑居ビルの6階で、店内は天井までおもちゃの箱で埋め尽くされ、昼でも薄暗いジャングルのようだった。   ・・・セイントクロスを買いに、フランス人が続々と店に押し寄せたんですよね? わたしは聞きかじった知識でさってさんに尋ねてみた。 「香港からもいっぱい来ましたねえ。なんだかぴかぴかして […]

高橋さって / 聖闘士聖衣大系③

当時えむぱい屋には、セイントクロスを求める客が連日詰めかけていた。今からおよそ20年前のことだ。 ・・・しかしなんでそんなにクロスのお客さんがえむぱい屋へ来たんでしょう? それがわたしにはいささか謎だった。   聞くところによれば、フランスには「クロスを買うならえむぱい屋へ行け」と書いたガイドブックすらあったらしい。フランスといえばベルサイユ。フランスといえばルーブル美術館。そのフランス […]

高橋さって / 聖闘士聖衣大系④

その日、さってさんとわたしは、倉庫の中をひっかきまわしていた。 ここもまたかつてのえむぱい屋を彷彿とさせる、地表に残ったいかれた楽園のひとつである。 「じゃあひとつ、カッコいいところを撮っておきましょうか」とさってさんが言った。 (非売品) 確かに子供の玩具としてはパーツがおそろしくこまかい。 これは1個や2個なくす子供がざらだっただろう。 この「聖闘士聖衣大系」は、何かを組み立てるプラモデル感覚 […]

高橋さって / 聖闘士聖衣大系⑤

さってさんは、わたしのために一冊の本を持ってきてくれていた。原色の表紙の絵といい、でかでか打たれたタイトルといい、いかにもやくざな感じのムック本だった。 「フィギュア帝国2」(1998年12月 白夜書房) 「おたくにも一冊あると思いますが」とさってさんは言った。 ・・・いや、見たことなかったです。 (あとで確認したら確かに我が家は持っていた。しかも数冊!)   表紙では、変な赤色をしたマ […]

高橋さって / 聖闘士聖衣大系⑥

当時、白夜書房の田村さんという名物編集長のもとで、えむぱい屋は「フィギュア帝国」「フィギュア帝国2」「まんが帝国」「ビンテージジャパン」と次々に本づくりに参画していた。 「フィギュア帝国」は、雑誌「フィギュア王」や「ハイパーホビー」が新商品の掲載をメインとしていたことから、レトロ系で行こうとの掛け声だったという。   これでもかとばかりにおもちゃの写真をつめこんだページをめくりながら、わ […]

高橋さって / 聖闘士聖衣大系 ⑨

「フィギュア帝国2」のクロスの写真を見ながら、わたしは尋ねた。 ・・・さってさんは、この中でどれかひとつ選ぶとしたら何にしますか? 「ああ、それならこれですねえ」 ためらいなくさってさんが指さしたのは、海皇ポセイドン編の海闘士鱗衣(マリーナスケイル)のひとつ、「シードラゴンスケイル、双子座のサガの弟、カノン」だった。 ・・・へえ、それはまたどうして? 「まずこれ、オブジェが縦バージョンと横バージョ […]

高橋さって / 聖闘士聖衣大系⑩

セイントクロスシリーズは全世界的に売り出されている。無版権のぱっちもんも出た。 (  香港版 )   陽の当たる玩具史であれ、ぱっちな裏街道であれ、ともかくもセイントクロスの成功は、後続のおもちゃに大きな影響をもたらした。 そのひとつが、クロストイというジャンルの成立だという。 「フィギュア帝国2」は、この後継クロスたちも網羅してそれぞれ説明をつけている。 サムライトルーパーの掲載ページ […]

高橋さって / 聖闘士聖衣大系 ⑪

わたしはどうしても、ひとつ訊いておきたいことがあった。 ・・・さってさんはどうしてセイントクロスをそんなに早くから推したんですか? 結果的に「フィギュア帝国2」が当たったからよかったものの、クロスにいち早くプレミアをつけて売るさってさんは、当初は馬鹿だとたたかれ、値上がりしたらしたで、うまくやったなと、くさされた。   「うーん、良いものなのはわかってましたからねえ、売れないはずがないと […]

高橋さって / 聖闘士聖衣大系⑫

さってさんは言う。   「いま、モノを所有する楽しさが薄れてきている気がするんですよねえ。 みんなネットで値段を手軽に調べて、こっちが安い、あっちが高い、って情報で動くでしょう。安いか高いか、そういう情報ばかりが先行している」「これはレアですよ、価値がありますよ、はあるけれど、これは良いモノですよが少ない。モノが好きなんじゃなくてお金が好きなんでしょうか。昔はモノを持っていると、ただもう […]

高橋さって / 聖闘士聖衣大系 ⑬

それではここで、「フィギュア帝国2」19ページ、クロスについて書かれたチャーミングな解説文をお目にかけよう。 これはさってさんが書いたもので、かれの文章の癖がそのまま出ている。少し長いが全文引用したい。 お読みあれ。   「人形+アーマーのシステムが、聖闘士聖衣からクロスと総称される様になった! クロス(CLOTH)と云う名を初めてオモチャに使用したのが、セイントクロスシリーズであり、以 […]

高橋さって / 聖闘士聖衣大全⑭

「フィギュア帝国2」の目次にはこんな言葉が載っている。 「特撮を、超現実映像を希求する心は、平和を望む者の心なり! 夢は愛と平和の為に見る物なのだ! おもちゃに夢を馳せる。そして、その夢を通し、愛と平和を考える!」   同じような表現は裏表紙にも見える。 「夢は平和のために見るのだ!    古き良き時代の夢に学ぶ」   これは、この本作りの総帥である優れた編集長、白夜書房の田村 […]

高橋さって / 聖闘士聖衣大系 ⑮

すべてのモノに値段がつく時代、モノがパワーを無くしたとされるこの時代、本当のところおもちゃの値段とは何か。おもちゃを売買するとはいったいどんな行為なのか。   誰もがこの場所から逃れられるはずもない。   それでも、たとえばさってさんがセイントクロスに対してやったようなこと、ただ魂をこめて売り買いすることが、この世で徹底してそのモノの側につく旗を掲げることではないかと、ふと思う […]