CATEGORY

田中康隆(キンキーズ)/カード

田中康隆(キンキーズ)/プロフィール

  田中康隆(キンキーズ) 1964年、大阪生まれ。子供時代、特撮・野球関連のカードやブロマイド収集に熱中する。青年期はビートルズにハマり、レコード店勤務を経て、2000年、大阪府寝屋川市にキンキーズを開店。中古レコードの他、主に1970年代のカード・ブロマイドなどいわゆる紙モノを販売する。全国のマニアから絶大な信頼を寄せられ、テレビ番組や雑誌からの問い合わせも多数。寝屋川の店舗は、その […]

キンキーズ・田中康隆 / カード類(カルビー他)①

大阪のベッドタウン、寝屋川市。 キンキーズは、この寝屋川市駅から歩いて5分ほどの小さなビルの二階にある。 薄暗い階段の両側には、古いレコードのジャケットや特撮のカラーコピーがぎっしり貼られている。 店内に入ると中は横長で意外なほど広い。手前のコーナーには古いシングルレコードが隙間なく並び、中央には仮面ライダーアルバムを無造作に積みあげた小高い島がある。棚には大量のファイルが詰められて品ぞろえの充実 […]

キンキーズ・田中康隆/カード類(カルビー他)②

高槻、藤井寺、堺、東住吉・・・大阪近郊の地名である。   キンキーズの仮面ライダーカードには、どれもこれも地名がついている。 こんな光景を見たのは生まれて初めてだ。 地名は全国に及んでいる。名古屋。栃木の小山。福島の会津、いわき。長野、富山、そして北海道旭川・・・。 「買い取りでカードを送っていただくときは、出た場所について書いてくれ、と言うようにしています」と店主の田中さんは言った。 […]

キンキーズ・田中康隆/ カード類(カルビー他)③

現在、紙ものマニアの聖地と言われるキンキーズは、最初はレコード店だったのだという。 田中さんはもともとレコード屋に勤めていて、2000年に中古レコードの店としてこのキンキーズを始めた。もちろん今でもレコードは店の主力商品のひとつである。 それが、カードやブロマイドが欲しくて、途中から広告を入れるようになった。   ちょうど第一次怪獣ブームにハマった世代だった。ウルトラマンやマグマ大使に入 […]

キンキーズ・田中康隆/ カード類(カルビー他)④

客は殺到した。 田中さんの期待とは逆に、「買ってくれ」ではなく「売ってくれ」の客だった。   客はどんどん値をつり上げた。 幾ら幾ら出すからあれを売ってくれ。 買い取りの値を上げれば上げるほど、客はますます殺到した。   「関西にはそういう店がなかったので」 田中さんは当時の狂乱状態を追憶し、遠い目になった。   ・・・これは出したくなかったという痛恨の1枚とか、ある […]

キンキーズ・田中康隆/ カード類(カルビー他)⑤ 

田中さんは言う。 「子供の頃、ソフビを買えたのは金持ちの子。でもカードは小遣い、10円20円の範囲ですから。カードだったらみんな買えました。夏の日にジュース1本飲むのを我慢して」 駄菓子屋の5円引き、10円引きブロマイド、ミニカード、オマケカード類。カルビーの仮面ライダーカード、V3カード、野球カード、変身忍者嵐カードなどなど。シスコのウルトラマン、レインボーマン、キカイダー、ミラーマン・・・。 […]

キンキーズ・田中康隆/ カード類(カルビー他)⑥

そこへちょうどお客さんがふたり来店した。 年かさの男性と少し若い男性と、どちらも相当な常連さんらしく、もの慣れていて風格があった。 「まんだらけさんでバイトしてはる」と田中さんがわたしを紹介すると、常連さんのひとりが言った。 「今までまんだらけはお正月とかに、どかんとカードを売り出すときがあったんですよ。それが3年前あたりからなくなった。どうしてですかね」 ・・・ええ? わたし、末端だから全然わか […]

キンキーズ・田中康隆 / カード類(カルビー他)⑦

聞けば、仮面ライダーカードに産地を入れるのは、客主導で始まったことなのだそうだ。 「或るお客さんが言い始めて、書くようになったんです。他のお客さんもそれに触発されて」 やっている内にだんだん田中さん自身も興味が湧いた。 そうするといろいろわかることが出てきた。 印刷所のクセとか、封入した場所とか。 たとえば倉敷と奈良の一部では全く同じ印刷が出る。文章の一部に黒い点がつくのだという。県境も微妙な場所 […]

キンキーズ・田中康隆/カード類(カルビー他)⑧

1971年、カルビーはカードを1枚ずつ付けた仮面ライダースナックを発売した。カードは全国の子供たちを熱狂させ、それはひとつの社会現象となった。 カードを刷っても刷っても間に合わない。大日本印刷はいろんな印刷所に仕事を回した。地方の小さな印刷所も動員された。地方の小さな小さな、ものすごくヘタくそな印刷所までもが、こぞって仮面ライダーカードを印刷した。 田中さんは言う。 「東日本は比較的大手の印刷所が […]

キンキーズ・田中康隆 / カード類(カルビー他)⑨

仮面ライダーカードから遅れること約二年、1973年にカルビーは、野球カードを付けた「プロ野球スナック」を発売した。 ライダーカードのときの印刷のノウハウ、印刷所のネットワークが、そのままプロ野球カードに受け継がれた。 「だから両方やるお客さんも多いんですよ」と田中さんは言う。 プロ野球カードは、地方版が西日本の発行のため、西の比重の大きさが際立つ分野らしい。 キンキーズのホームページを再び引用しよ […]

キンキーズ・田中康隆 / カード類(カルビー他)⑩

普通は綺麗なカードを買おうとする。傷みのない、角がピンと立っている珍しいカードに金を出す。 でもこれは、そういう1枚しか持たない世界ではない。同じものをいっぱい持ってるところから話が始まるのだ。見比べて、ここが違う、そっちも何か変わっている、何が違うんだろう、と面白がる。 「なぜ同じカードをいっぱい?と言われても、この色違いますから」 だから仮面ライダーカード、たとえばナマズギラーの赤をくれ、青を […]

キンキーズ・田中康隆/ カード類(カルビー他)⑪

田中さんは笑顔で言う。 「こちらがあまり調べてしまうとお客さんに逆にしらけられますので。場を提供しているって感じですねえ」 キンキーズは、すべてに伴走してきた。 オーソドックスな番号違いにも、ラッキーカードにも、記号版にも、そして色違いにも、それぞれの客の挑戦に寄り添ってきた。 「採算合わないでしょう」とわたしはそっと言った。 「店を続けてられるのが奇跡みたいです」と田中さんは言った。 それでも好 […]

キンキーズ・田中康隆/カード類(カルビー他)⑫ 

田中さんのこだわりは、あくまで現場で売るということだ。 それは現在、どんどん難しくなってきている業態である。 「今どき、店舗販売。敵はネットオークション。とにかくあの世界はダメです」と田中さんは言った。 値段の付け方にこだわりはありますか?と訊くと即答で返ってきた。 「あります。ネットには左右されないということです」 現在、インターネットで右から左に軽くモノを流すことが、どれだけの歴史を断ち切って […]

キンキーズ・田中康隆 / カード類(カルビー他)⑬

この店の中央には、仮面ライダーアルバムを無造作に積みあげた、うずたかい山がある。ざらざらっとふれて手触りを楽しむこともできる。 仮面ライダーカードにハマったことのないわたしにもわかる。 これは魔の山だ。 カードを愛した者ならば、おそらく誰もが見た瞬間、取り乱さずにはいられない。この山を見ただけで子供返りしてしまった客もさぞ多いだろう。 「これ見ると、自分でもウッとなります」と田中さんは言う。 自分 […]

キンキーズ・田中康隆 / カード類(カルビー他)⑭

「ああ、いま思い出しました」 田中さんは不意に言った。 「お客さんが集め終わったら、自分が集められると思ってた。みんな終わったら自分が・・・。だから早く終わってくれと思ってました」 お客さんに押し切られて自分のコレクションを売らざるを得なかったという話をしたときも、田中さんはこう言っていた。 「どんだけ入れたら満足するんや。さっさとやめたかった。やめさしてと思っていた」 その田中さんに、そばにいた […]

キンキーズ・田中康隆 / カード類(カルビー他)⑮

いま、紙と印刷は岐路に来ている。 コンピュータの普及で、紙の雑誌や書籍は電子書籍に押されて低迷し、印刷そのものも、紙にインクを乗せるタイプから次々にデジタル印刷へ切り替わった。おそらくこの分野ほど、日進月歩の勢いで刷新されてしまったものも少ないだろう。 おそろしいスピードで進む印刷業界で、はるか後方に取り残された旧印刷の紙モノたちは、まさに滅びゆく前代の遺物ともいえる。 だが、時を重ね、成熟してき […]