Mr.AE / ホットホイール ①

トランプ大統領が誕生し、日米自動車論議がかまびすしい。
日本がアメリカに車を売りつけるばかりで買わない、それは不公平ではないか、という件だ。
もちろん日本人としては異論がある。だがそれが、アメリカのごく一般の人たちの間でずっと醸成されてきた長い憤懣だという、その当たり前の深さにひるむ思いがする。

ハリー・ベントリー・ブラッドリーは、1960年代半ばを振り返り、次のように言っている。
「デトロイトの一部のカーデザイナーは、カリフォルニア行きを熱心に考えていた。日本人がグロテスクな小さい車でアメリカに入り込んできていたからだ。クオリティは高く燃費は優秀、でもすごく変なルッキング。日本人が本社を置いたカリフォルニアに行けば、やつらにデザインのコンサルティングをして良いビジネスができる」(Randy Leffingwell「HotWheels 35 years of speed,power,performance and attitude」)

さて、今回の語り手AEさんは、わたしの知る限り、現代日本の最も深遠なオモチャマニアの一人である。
その一流の審美眼と直感によって集められた膨大なコレクションは、特定ジャンルにとどまらないドールやソフビ、ロボットなど、まさに「おもちゃ」の集合体だが、その氷山の一角にミニカーがある。ミニカーはAEさんにとっておもちゃ体験の原点であり、今も氷山を産み出し続ける氷河でもある。

ミニカー。それも特にアメリカ・マテル社のホットホイールだ。
正確には1968年の発売からほぼ十年間続いたレッドラインというタイヤのシリーズに執着している。
より厳密にいえば、68年から73年、エリオット・ハンドラー社長のヴィジョンのもと、あのハリー・ベントリー・ブラッドリーがデザインを立ち上げた、甘美な出発から数年間のホットホイール。