堤哲哉 / 仮面ライダーカード ⑧

「レッツGO!ライダーカード」の後、1986年、講談社が「仮面ライダー怪人大全集」を出版した。メジャー誌で仮面ライダーカード全体が紹介された最初の本であったことは、言っておかなくてはならない。

546枚のカードが白黒で並べられ、解説の要旨が載せられた。

 

だがそのとき、堤さんやその周囲のマニアたちは、ちっとも嬉しくなかった。
この本のカードを紹介する内容の質に、満足がいかなかったからだ。