キンキーズ・田中康隆 / カード類(カルビー他)⑮

いま、紙と印刷は岐路に来ている。

コンピュータの普及で、紙の雑誌や書籍は電子書籍に押されて低迷し、印刷そのものも、紙にインクを乗せるタイプから次々にデジタル印刷へ切り替わった。おそらくこの分野ほど、日進月歩の勢いで刷新されてしまったものも少ないだろう。

おそろしいスピードで進む印刷業界で、はるか後方に取り残された旧印刷の紙モノたちは、まさに滅びゆく前代の遺物ともいえる。

だが、時を重ね、成熟してきたからこそ、遊びはいよいよ面白い。

時代を席巻したカルビーのカード。そこから立ち上がる情報性に踏み込み続けて、現在、この店は、1970年代印刷・流通の現場を見通す、まぎれもなく最もエッジの効いた立ち位置にある。
この時代に店舗という場を維持してゆく絶え間ない闘いがそれを支えている。

新しい発見は溢れている。ちびっこたちはますます胸とどろかせ、探検の旅に出かけてゆく。
好きという気持ちに導かれ、その無数の探検に随伴してゆくキンキーズの深い情熱と、時代にあらがう誇りとが、寝屋川を比類のない聖地としている。

(この項、了)