高橋さって / 聖闘士聖衣大全⑭

「フィギュア帝国2」の目次にはこんな言葉が載っている。

「特撮を、超現実映像を希求する心は、平和を望む者の心なり!

夢は愛と平和の為に見る物なのだ!

おもちゃに夢を馳せる。そして、その夢を通し、愛と平和を考える!」

同じような表現は裏表紙にも見える。

 
「夢は平和のために見るのだ!

古き良き時代の夢に学ぶ」

 

これは、この本作りの総帥である優れた編集長、白夜書房の田村さんが記した言葉である。

裏表紙では、宇宙空間を、例のえせマジンガーに劣らぬ変な顔をつけた宇宙船が進んでゆく。後方には色とりどりの小さなソフビ人形たちが並んでいる。変な宇宙船はかれらに見送られながら、星のまたたく宇宙空間を進んでゆく。

 

おもちゃの持つ本質的な力は、救済の力だ。
この小さな懐かしいモノたちを心にいだき、かれらに見守られながら人は進んでゆくのだ。
田村さんの言葉は時代を貫いて、現在のわたしたちをいよいよはっきりと照らしている。