Mr.H/ 蒐集家⑥

掘り出し物をいっぱい持ってくる青年がいる。そういって顔なじみの店主がHさんを他のコレクターに紹介するようになった。そこからまたモノを入手するルートが拡大した。ヒーローズにブリキのおもちゃを持って行き、それと交換でマルサンの電動怪獣ペギラを入手したのが90年代初頭のこと。そのときペギラは18万円だった。懐かし屋で電動ブースカ6万円。
友達と旅行へ行って、海沿いをドライブする。Hさんは外を見ながら「店はねえかな」ときょろきょろしてしまう。おもちゃ屋があったらそこに入って、何時間も入りっぱなし。いったん入れば最後まで見なきゃ気が済まなかった。 「水着のお姉ちゃん見に行ってるんじゃねえんだ」とHさんは言う。
友人たちはナンパをしに行っている。Hさんはひとり、一心不乱におもちゃハンティングをしている。おかしいよお前の頭は、友達はそう言ってHさんからどんどん離れていった。
「おまえは健全じゃねえ。お前と行っても楽しくない、って友達みんないなくなっちゃった」
Hさん青春真っ盛り、だが水着の女も紅葉も温泉も眼中になかった。ホテルにも帰らずモノを漁った。