Mr.H/ 蒐集家①

話を聞かせてほしいと頼むとHさんは「このブログは名前を出すからなあ」とぶつぶつ言った。
「いや、匿名で十分です」とわたしは言った。
「今までも匿名のかたはいらっしゃるし」
そうやって了解をもらったが、エピソードを書いたら知り合いにはHさんのことだとわかってしまうだろう。何しろHさんの逸話は一度聞いたら忘れられないものばかりだし、しかもHさんの知り合いときたらおそろしく多いのだ。

 Hさんの特徴をひとことで言うなら、とにかくモノを買うひと、というのがよいだろうか。ジャンルはいろいろ。超合金から雑誌まで、興味の分野は超人的な広さを誇る。
ある日のHさん、ヤフオクに探しモノが出ているのを発見し、勢い込んで入札した。ひとりしぶといライバルがいてなかなか諦めない。むきになって次々高値をぶちこみ続け、尋常ならぬ値段でその品を競り落とした。だが勝利の余韻にひたる間もなく悲しいお知らせがその耳に届く。実は激戦を繰り広げたそのライバル、Hさんがモノ探しを依頼した知人であった。Hさんの欲しがるモノを落札しようと、彼もまた一歩も退かず高値をぶちこみ続け、ふたりで熾烈な高値更新を戦った。・・・撃沈。「名付けてこれを「Hさんのひとりオークション」と呼びます」と知人A氏は証言する。

 前のめりにモノを買い続けるHさんの武勇伝は尽きない。だから今までニセモノの被害にもずいぶん遭っている。
知人から買った横山光輝の鉄人28号の原画は、和紙の表装が傷んで色紙に貼り直してあったが、これが真っ赤なニセだった。
「まんだらけ副社長の辻中さんが持ってって、社長に見せてくれた。何で買っちゃったのこんなの、って古川社長に言われたってよ」
「へええ、値段はいくらなんですか」
「21万」
 21万円!わたしは腰を抜かした。
「それで、その売り手には言いました?」
「言ったよ。でも俺が悪いんだよ。取引は成立してるんだから、言ったってダメだよ」
わたしは諦めきれずうだうだ言ったが、Hさんはきっぱり潔かった。
「悪意のない第三者がニセモノを買って売りに来てるってのもあるんだよ。高いの買っちゃったけどしょうがないよね、ってことだよ。だから俺が悪いんだよ」
そんなものなのだろうか、とわたしはまだうだうだ考えた。さすが長年売買の戦場に立ってきた男は腹がすわっている。
Hさん。獲物を狙って数十年、幾多の死闘を経てきた歴戦の勇士。身には無数の刀傷、胸にはロマン、腕にはおもちゃ。姫に焦がれるようにモノに焦がれて、道なき道を進んできた。これは果てしのない情熱の物語。

(画像はまんだらけ・変や)