星まこと / アニメ探究 ①

「何が好き?って、アニメが好き。
作品? ありすぎて答えられないでしょう。
タツノコの劇画調も好きだし、東映のロボットものも好きだし、ギャグ調も大好きだし、スポーツアニメも好きだし、好みはわかんないですね。

東映の『白蛇伝』、ぼくはあの時代に生きてないかもしれないけど、パイニャン可愛いとか、あ、この表現すごいとか、『わんぱく王子の大蛇退治』、あの空中戦、大蛇がぐわああーっと、あれはでっかいスクリーンで見ないとわからない。やっぱり、ああこれ興奮するなあと思って。好きですよ、だから。
『どうぶつ宝島』も好きだし、『長靴をはいた猫』の、最後にドクロを持って「朝日よー!」って階段のぼってくシーンとか、わくわくしますよね。
じゃあお前のベストテンは何だと訊かれると、ぱっと答えられないんですよ。わかんない、もしかしたらぼくがいまだに成長してない子供だからかもしれない。だけど、逆にそれだけ好きなものがありすぎるから、だからこれだけ人に訊きにいけるのかもしれない。

これ、『亜空大作戦スラングル』っていうアニメの原画です。敵のロボットにやっつけられる味方の防衛軍の兵隊の、かわいそうな末路です。ほら、パラパラやってみてください。

これは爆発の煙の表現です。80年代、爆発シーンって急激に進化したんだけど、動画ではよくわかんないですよね。さあお立ち会い、この迫力のない鉛筆の絵が、セル画になったらどうなるか。ほら、破片が出る、火の粉が出てくる、エアブラシが飛んでるから。

全然違うでしょう?
これがセルの魅力なんですね。いまデジタルでこういうのはない。セルの質感みたいなのはない。これは家内制手工業、今はもう失われた仕事です。
いいキャラのいいシーンだけじゃない。こういう素材がすごい好き。こういうの、普通のマニアは捨ててしまうようなモノかもしれないけど、ぼくにとっては大事なんです」