たかはしちこ(アップルBOXクリエート)/ マンガ復刻・同人誌 ⑫

今まで復刻した中で特にこれはというものを教えてください。
わたしがそういうと、高橋さんが出してきたのは厚みのある二冊だった。

春名誠一原作・東浦美津夫「どこに青い鳥」上下巻
(「少女クラブ」1958(昭和33)年5月号~1959(昭和34)年3月号初出)

アップルboxクリエートは、2005年、この長編少女漫画を上下二分冊で復刻した。
高橋さんは言う。
「今ではあまり知られていない人です。ストーリーはよくあるものですが、当時、この絵は群を抜いている」

東浦美津夫(1930~2012)は、1937(昭和22)年17歳でのデビュー後、作風の変遷を経ながら長期にわたって活躍した。初期の作品は冒険海洋活劇「海の狼」「腰抜け捕鯨隊」など。その後、時代物「はやぶさ頭巾」「そらまめ童子」などを少年月刊誌に発表した。そして男性漫画家の多くがそうだったように、初期の少女漫画の描き手であり、「少女」「少女クラブ」「週刊少女フレンド」などで連載を手がけた。ほかに横山光輝原作「無明幻之丞」(1966)などがある。

「どこに青い鳥」は、意地悪なおばさんのもとで育った少女が、実の母親との幸福な生活を求める幸せさがしの物語だ。
京都で心ならずも舞妓になるよう育てられていた少女ひづるは、自分の生みの母が東京にいることを知り、しるしのダイヤのリボンを持って逃げるように上京した。その母は、子役スターになった、ひづるの弟まさみとふたりで暮らしていたが、ひづるたちの叔父の借金のため悪者に邸を奪われそうになっていた。この窮地を救えるのは、養女に出したひづるに与えたダイヤのリボンしかない。だが母はひづるの居場所を知らず、一方ひづるは上京する電車の中で、すりの少年にリボンの入ったバッグをとられてしまう。