たかはしちこ (アップルBOXクリエート) / マンガ復刻・同人誌 ①

新小岩駅近く、蔵前通りに面したマンションの一階に古書店がある。
ガラス戸に金色の優しげな字で誓和堂と書かれたその店は一見古書店と気づかず通り過ぎてしまいそうなたたずまいだが、中に入れば貴重な漫画本が溢れ返る、その道で知られたヴィンテージ漫画専門店である。店主は「ミーコメタモルフォセス」などの作品をもつ漫画家たかはしちこ。同時に、アップルBOXクリエートという同人誌サークルの運営者だ。

現在アップルBOXクリエートは、「少年なつ漫王」「漫画市」というふたつのシリーズを定期的に刊行している。単行本化されていない古い漫画の復刻と、その作品の雑誌掲載時の表紙を並べるなどしてそれぞれ一年に4、5冊ずつ、これに単体での復刻作品を加えて、年間二十数冊を刊行する。アップルBOXクリエートのきわだった特徴はこの、古い漫画の復刻に対する執念ともいえるこだわりであり、その挑戦の深さと長さにおいてまさしく他を圧倒している。

2018年4月、「少年なつ漫王」は50号を刊行した。古い漫画の復刻は同年夏で三十周年となる。この驚異的な持続を前にして、わたしはほとんど何も形容する言葉を思いつかない。
ここまで続けるモチベーションは何なのですか、どうしてこれほど復刻をやり続けるのですか、とわたしは訊く。わたしは、強い使命感や情熱を語る言葉を内心期待していたのだけれど、そのような言葉が高橋さんから発せられることは一度もなかった。穏やかな物腰の高橋さんは、元来そういった大上段に構える言葉を持ち合わせないひとのようなのだ。喜びを語るときは控えめで、苦労話を語るときでさえ、どこか第三者の目から見ているような淡々とした雰囲気が漂った。
そしてただ、積み上げてきた事実だけが途方もなく巨大だった。

 

(「少年なつ漫王」50号  今までの復刻リストも収録)