池田誠 / ももクロ生写真(佐々木彩夏)①

ももクロは2008年結成された女性アイドルグループである。
2010年メジャーデビュー。
当初は「ももいろクローバー」という名前だったが、メンバー・早見あかりの脱退を機に「ももいろクローバーZ」と改名した。
以後、紅白歌合戦出場や国立競技場のライブ、5大ドームツアーなどを経て、国民的アイドルグループの地位を築いてきた。ファンは老若男女にわたり、カップル同士でライブに来る者も多い。そこが通常のアイドルグループと違うももクロの特徴である。
現時点(2018年2月現在)メンバーは、百田夏菜子(イメージカラーは赤)、玉井詩織(黄)、佐々木彩夏(ピンク)、高城れに(紫)。先月21日をもって有安杏果(緑)が脱退した。

DSC_0124

池田さんがももクロにハマったのは2011年あたりだった。ファンとしてそんなに古参ではないのである。
中野ブロードウェイに当時3軒あったアイドルショップ・TORIOには、女性アイドルグループの生写真コーナーがあった。
池田さんは言う。
「あるときなんとなくそのコーナーを見たら、その中に、とりすましたポーズじゃなくて、汗を流しながら笑顔で歌ったり踊ったりしている女の子のグループの写真があったんです。で、ブロードウェイに行くたびそれを見にいくようになった。見ていると元気が出る感じがして」

池田さんはそこで初めてももクロを知った。
それぞれのイメージカラーを身につけているとはいえ、1枚ごとに表情がコロコロ変わる彼女たちは、時には顔を見分けることも難しかった。
池田さんは1年半のあいだ店に通ってひたすら写真を眺めた。やがて彼女たちがどんな表情をとっても見分けがつくようになり、その中でピンクの佐々木彩夏(あーりん)のファンになった。そして少しずつその写真を買いはじめた。


「ショーケースに直筆サイン入りが出ていてね、当時は1000円くらいから売ってたの」
池田さんはいたく感銘を受けた様子で言う。
「安い!と思ったねえ」
「それはまあそうでしょう」わたしは憮然として言った。「しかしやっぱり紙モノから入るんですねえ」

池田さんは「冒険王」など古い雑誌のコレクターである。かつては仮面ライダーカードにも凝ったことがあり、そもそも通し番号のついた紙モノに弱いのだ。アイドルにも、歌や映像でなく写真から入ったというのが、妙にぶれがなく腰が据わっている。しかもあいにくというか、雑誌やカードの蒐集が一段落した気分のときだった。今までの経験と熱意がそちらに集中したふしがある。
「いやあ、しょっぱなから実におそろしい」
わたしは素直な感想を述べた。


さて生写真にはまった池田さんは、そこからDVDも買いあさり、ライブにも行き始めた。
たいした古参でなく間違いもあるかもしれないが、以下に池田さんが知る範囲の情報を記し、不格好ながらももクロへの心ばかりのエールとしたい。