今入重一/ 横山光輝作品 ①

2017年10月中旬、雨の降る土曜日、埼玉・戸田公園で、今入重一さん主催による横山光輝ファンの集まりが催された。

今回のテーマは「伊賀の影丸」。

会場に入ると、正面のスライドではすでに影丸の人形劇の映像が流れ、壁側には影丸関連の貴重な今入コレクションがぎっしり並んでいた。今入さんは影丸をプリントしたTシャツを着て、忙しく立ち働いている。

DSC_0056

 

DSC_0024
DSC_0039

3年前の横山生誕80周年から年1回開かれているというこの会に、今回は二十数名が集まった。関東近郊はもちろん、静岡、奈良、福岡、金沢など全国からの参加だった。それぞれの今入さんとの関係も、同人誌オックスから、ドルフィンから、ホームページやツイッターを介して、職場まんだらけを通じて、とさまざまである。アップルBOXクリエート、復刊ドットコムなど名だたる復刻の刊行者たちも顔を見せている。

影丸はじめこれまでの忍者物アニメや映画の映像がスライド上映され、参加メンバーによる「土鬼模様」(横山作品「闇の土鬼」より)の研究発表、あたためている横山歴史物の企画話、横山作品の総ページ数をかぞえた初出リストの配布などが挟まれた。参加者の自己紹介の中にもこの先の復刻の話題あり、初出発見の話題あり。
わたしはじっと座って聞いていた。

これはいったい何なのだろう。

初めてこの会を目の当たりにしたが、これは好事家の集まりというよりほとんど学会に近い。
この中心にいる今入さんという人は何者なのか。
瞠目としかいいようのない感情があった。

聞くところによると、今入さんは小5のとき「伊賀の影丸」を第6部から読み始めた。いつのまにか影丸は無意識にまで浸透し、やがて世界すべてが影丸で溢れた。横山光輝という名を意識したのはもっと後になってからだったが、記憶をさかのぼって正解を掘り起こすように、それはそのまま自分の軸の確認となった。

手塚でもなく石ノ森でもなく横山光輝に憑かれる生き方はそんなふうに始まった。そしてわたしは、雨の降る10月のあの日、その流れの行き着いた豊かな広がりを見たのだった。


(全15回  下へつづく)