延藤直紀(CCP代表)/ フィギュア制作③

延藤さんはもともと航空自衛官だった。そのあとキックボクサーに転身し、プロとして 国内2位・世界3位のところまで行った。
だが故障から引退することになり、今後の身の振り方を決めるにあたって、さてどうしようか、格闘技の経験を生かしてジムでもやろうかとぼんやり考えていた。90年代末のことだった。

そんなとき延藤さんは、ワンダーフェスティバルに行った。ワンフェスは年2回ひらかれる巨大な造型の祭典で、当時は東京国際展示場でやっていた。ちょうどディーラーとして卓を出している知り合いもいた。

延藤さんはそこで、或るフィギュアに目を奪われた。